Everyday Shooter

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Everyday Shooter』(エブリデイシューター)は、Jonathan Makが制作したシューティングゲーム

インディーズゲームとして制作され、Game Developers ConferenceIndependent Game Festivalに出展し、3部門を受賞している。PlayStation 3版が2007年10月11日から北米のPLAYSTATION Storeで配信され、2008年5月15日には日本でも配信。2008年5月8日にはWindows用ソフトウェアとしてSteamダウンロード販売もされている。さらにPSP版が2008年12月4日から北米のPlayStation Storeで配信が開始されている。

概要[編集]

シューティングゲームとしての具体的なジャンルは、固定画面の全方位シューティング。移動と射撃方向はそれぞれ別々に操作することが出来る。一部の敵は、弾を何発か当てることで円状の爆発がしばらく発生し、これに敵を巻き込むことが出来る。

本作は、制作者が言う「音楽のアルバム」と言える要素を内包しており、画面下にはBGMのシークバーが表示され、バーが右端まで移動しきると次のステージに移る。BGMとしてギターサウンドが流れ、敵を撃破・アイテム入手をするたびに別のギターサウンドが重なるという、Rezなどの融合型トリップシューティングに近いものとなっている。

なお、本作はABA Gamesの長健太、Every Extend制作者であるOMEGAの制作スタンスに影響を受けており、クレジットに謝辞が書かれている。

外部リンク[編集]