Ehcache

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ehcache
開発元 Terracotta, Inc.英語版[1]
初版 2003年(11年前) (2003
最新版 2.6.2[2] / 2012年11月6日(2年前) (2012-11-06
プログラミング言語 Java
対応OS クロスプラットフォーム
サポート状況 活動中
種別 キャッシュ
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト http://ehcache.org/
テンプレートを表示

EhcacheオープンソースJavaEEや軽量コンテナ等で広く使われているキャッシュ機構である。メモリとディスクストレージ、レプリケーション、リスナ、キャッシュローダー、キャッシュ拡張、キャッシュ例外ハンドラ、gzipキャッシュサーブレットフィルタ、RESTSOAPのAPIといった機能を持つ。EhcacheはApache Licenseで利用できる。 Ehcacheは2003年にGreg Luckにより開発された。2009年、プロジェクトはTerracotta, Inc.により買収された。ソフトウェア自体は、引き続きオープンソースとされている。2011年3月、Wikimedia Foundationは、EhcacheをWikiプロジェクトのパフォーマンス改善に使用すると公表した。

脚注[編集]

  1. ^ Ehcache Overview”. 2011年4月5日閲覧。
  2. ^ Release Notes for Terracotta 3.7.2”. Terracotta, Inc. (2012年11月6日). 2012年11月22日閲覧。

関連項目[編集]