EXIT (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EXIT
ジャンル パズルゲーム
対応機種 PSPXbox 360DSWindows
開発元 タイトー
発売元 タイトー
Win:アンバランス
メディア PSP:UMD
360:ダウンロード販売
DS:ニンテンドーDSカード
Win:CD-ROM
発売日 PSP:2005年12月15日
360:2007年10月24日
DS:2008年1月24日
Win:2008年4月25日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

EXIT』(イグジット)とは、タイトーから2005年12月15日に発売されたPlayStation Portableパズルゲームである。2006年9月7日には続編である『カンガエル EXIT』が発売された。Xbox 360Xbox Live Arcadeとして配信されたほか、ニンテンドーDS非常口 -EXIT DS-)やWindowsにも移植されている。

概要[編集]

主人公のMr. ESC(ミスターエスケープ)を操作して、ステージ内に0~6人いる遭難者を助け、出口まで案内させるというもの。 途中にはギミック(仕掛け)があり、遭難者に上手く指示を出したりアイテムを使用したりして切り抜けなければならない。 一定以上の高さから落下したり、炎や電気に触れるとミスとなり、ゲームオーバーとなる。 遭難者も電気や炎に触れるとミスとなり、ミッションによってはその時点でゲームオーバーになる事もある。

自機や同行者の表示を黒白のみでまとめ、影絵調にしたスタイリッシュなグラフィックも特徴の一つ。

ミッションの種類[編集]

ミッションは以下の4種類が存在する。

  • 時間内に脱出せよ!
    遭難者がいないステージ。制限時間内に自分が脱出できればよい。
  • 同行者を救出せよ!
    遭難者を脱出させなければならない。同行者かMr.ESCがミスした時点でゲームオーバー。遭難者が1人の場合これになる。
  • 同行者全員を救出せよ!
    遭難者を全員脱出させなければならない。1人でもミスした時点でゲームオーバー。
  • 最低でも○人は救出せよ!
    遭難者の内○人でも脱出させればクリアとなる。全員がミスするか手詰まりになるとゲームオーバー。

遭難者の種類[編集]

以下の説明において、重量や腕力(動かせる物の最高重量)はMr.ESCを2とした際の値、長さは木箱の一辺を1とした際の値を指す。 (ゲーム中では重量をw、腕力をp、長さをmで表している。) 後述するエレベータや重量制限床、箱などに影響する。

遭難者は、基本Mr.ESCについてくる。Lボタンで「追跡モード」と「待機モード」を切り替えることができ、「追跡モード」の場合はMr.ESCを自分が追えるところまでついてくるが、「待機モード」はその場でじっとする。

救助した遭難者には指示を出すことができ、指示を出したい遭難者をクリック→行かせたい場所をクリックで指示することができる。このとき、その同行者は自動的に「待機モード」になる。

Mr.ESC
プレイヤーが操作するキャラクター。移動能力が高く、座り込んで助けを求める遭難者に触れて指示を出せるようにできる。
ダッシュ・崖掴まりなどの能力を持つ。登れる段差は2mだが、ジャンプで1m分高度を稼げる。降りられる段差は3mだが、崖のそばでキーを下に入れると自分から崖にぶら下がり、2m分高度を稼げる。
重量・腕力は2、跳び越せる穴の距離は2m。ただしダッシュジャンプなら4m、崖掴まりも併用すれば6mほどの穴も跳び越せる。
キッド(KID)
体が小さく軽量であるため、大人が通る事のできない通路や床を通ることができる。力も弱いため、瓦礫などを少しずつ壊せる。
ただし背も低いため、2mの段差を登り降りする際は段差の下から大人が手助けする必要がある。ただし、崩れる床で2mを落ちてもミスにはならない。重量は1、腕力は0、跳び越せる穴の距離は1m。
アダルト(ADULT)
力持ちで、金庫(8w)を1人で押すことができる。
ただし2mの段差に上るときはヤング2人(Mr.ESCとヤングでもOK)もしくはアダルト1人に段差の上から引き上げてもらう必要がある。降りる際は2mまで。重量は4、腕力は8、跳び越せる穴の距離は1m。
ヤング(YOUNG)
Mr.ESCに一番近い運動能力を持つ。
特に手助けをしなくても自力で付いてこられる大人。登り降りはどちらも2mまで、重量・腕力ともMr.ESCと同じ2。跳び越せる穴の距離は2m。
ペイシェント(PATIENT)
災害時に怪我をして動けなくなってしまった重傷者。
自分の意志では移動できず、大人に背負ってもらうしかない。背負った大人は段差を昇れなくなり、降りる際にも1mずつしか降りられなくなり、さらに移動速度も落ちる。(階段の昇降は可能)重量は2、腕力は0。

敵キャラ[編集]

ジェット(JET)
空からの救出を得意とする、Mr.ESCの商売敵(一方的にライバル視しているという説もある。)。
ステージ内に入って邪魔することはなく、Mr.ESCが救出できなかった遭難者を救出していく。
うちゅ~じん
シチュエーション10で出現。
ライトサーベルで攻撃すると箱に変える事が出来る。Mr.ESCか同行者が射程圏内に入ると攻撃してくる。キッドは発射されても当たらず、大人は這えばかわせるが、Mr.ESC以外の大人は自分から這えないため基本的に隙を突いて避ける必要がある。

ギミック[編集]

脱出の助けになるもの[編集]

  • スプリンクラー - 火の上に設置されていることがある。スイッチを操作することで水がかかる全ての炎を消す事ができる。
  • 階段 - 昇降が自在にできる。ただしストレッチャーは通れない。
  • 滑車によるゴンドラ(正式な名前は滑車) - キャラクターの重量によって上下する。左右のバランスを上手く考え、攻略しなければならない。木箱などはゴンドラ部分を使って押しつぶせる。
  • はしご - 昇降が自在にできる。
  • ロープ - はしごが昇降自在なのに対し、こちらは降りることしかできない。
  • エレベーター - フロア間の昇降が自在にできる。かごに搭乗する他に、天井に人や物を載せられる。ただし、かごにMr. ESCが乗っていないと操作ができず、動かせる重量の限界はMr.ESCを含めて6wである。
  • 鉄棒 - つかまって左右に移動できる。Mr.ESCのみ利用可能。
  • ゴンドラ - レバーを操作する事により左右に移動できる。勝手に作動するものもある。
  • スイッチ(壁式、床式) - これを操作することによってスプリンクラーやシャッター、ベルトコンベア、エレベーターなどを作動させる事が出来る。壁式の場合は、普通に壁に設置されているスイッチを押すことによってギミックが作動するが、種類によっては一定時間たつと作動したギミックが元に戻ってしまう。床式の場合は、上に自分・同行者・箱・ストレッチャー・金庫などを置く事によって作動するが、乗っている間しか作動しない。
  • 換気扇 - スイッチを押すことで付近に充満している煙を全て消すことが出来る。
  • ストレッチャー - 上にペイシェントを乗せて運ぶことができる。重量は2w。木箱などを上から落とすと動かせなくなるが、擬似的に箱を浮かせる事ができる。
  • ワープ装置 - 乗ると同じマークの装置にワープできる。同じ装置に入っても別の装置にワープする場合もある。
  • 無重力エレベーター - 無重力エレベーターに重なり、キーを入力すると入れた方向に移動することができるが、Mr.ESCしか進入できない。

脱出を邪魔するもの[編集]

  • 炎 - 火災などのステージに設置されているギミック。誰も通過することができないが、金庫を上から落としたり、消火器やスプリンクラーを使ったりして消すことができる。強さが三段階存在する。
  • 水 - 水泳、潜水はMr.ESCのみ、ヤング・アダルトは水深1メートルまでなら歩くことができる。木箱や金庫は水に沈む。
  • ドア- クリックすると開ける事ができるが、鍵がかかっている場合は先に鍵を開ける必要がある。また両開きと片開きの2種類があり、両開きはどちらからでも開けることができるが、片開きはノブのついている側からしか開けられない。
  • 煙 - 通ると咳き込んでしまい、結果通行できなくなる。通る際は換気扇を回して消すか、這ってやり過ごす必要がある。アダルトは這えないため通過できない。
  • 瓦礫 - ツルハシで壊すと通ることが出来るが、他の破壊できるギミックとは違い上が通れたり物を乗せられたりするため注意が必要。
  • 氷柱 - 雪害などのステージに設置されている。ツルハシで壊せるが、キッドは壊さなくても四つん這いで通れる。
  • ひびの入った壁 - ツルハシで壊すと通ることが出来る。
  • 重量制限床 - 上に乗る重さが制限されている床。制限された重さを超えると床が砕ける。黄色と橙の2種類があり、黄色の床は4w以上あるものは通ることができず、橙の床は2w以上あるものは通ることができない。
  • 電気床 - 時々放電または常時放電する。通るためには、放電していない時に渡るか、上に箱を乗せて通るしかない。
  • 氷床 - 滑ってしまう。スパイクシューズを履くと滑らなくなる。また、箱はスパイクシューズを履いていないと押せない。氷床の上に乗っている箱は、押すと2m動く。崖掴まりが出来ない。
  • シャッター - スイッチを操作することで開けられる。一定の間隔で開いたり閉まったりするものもある。シャッターが開いている間に物や人を下に置くと、スイッチから離れても開いたままになる。
  • 地震床 - ある場所を通ると地震が起こり、キャラクターが足止めされ、ステージ上の全ての地震床が壊れる。2回揺れると壊れるものもある。
  • 暗闇 - ギミックというよりは状況。最初からなっているか、ある一定のタイミングでなるかのどちらかで、周囲の様子が殆ど見えなくなり、警告表示も出なくなる。懐中電灯を使うと照らすことができる。

用法によりどちらともなるもの[編集]

  • 木箱 - 押して穴に落としたり、スイッチの上に乗せたりして活用できる。ただし、引いたり持って運ぶ事は出来ず、炎に触れると燃えてしまう。Mr.ESC・アダルト・ヤングだけが押せる。重量は2w。
  • 金庫 - 木箱の4倍の大きさで、押して穴に落としたり、スイッチの上に乗せたりして活用できるだけでなく、炎の上に落として炎を消す事も出来る。重量は木箱の4倍の8wで、押せるのはアダルトだけである。

アイテム[編集]

クリックすることで取得可能で、様々な所で活躍する。

  • 鍵 - 鍵のかかったドアを開けることができる。ただし、1つの鍵で開錠できるドアは1つだけである。
  • ロープ - フックにひっかけて使う。縄梯子と違い降りることしかできないが、降りる速度は縄梯子より速い。使用すると回収はできない。
  • 縄梯子 - フックに引っかけると、フロア間の昇降が可能になる。使用すると回収はできない。
  • 消火器 - 炎を二段階消す事が出来る。1つの消火器から出る消火剤は1回分のみ。
  • ツルハシ - 瓦礫、氷柱、壁などを破壊することができる。キャラクターによって使用効率に差が出るが、使用回数に制限は無い。
  • 懐中電灯 - 暗闇を照らす事ができる。取得すると自動的に使用する。Mr.ESCが持っている場合のみカーソルのある方向を照らす。
  • スパイクシューズ - 氷床でも滑らないようになる。取得すると自動的に使用する。氷床の上にいる場合、箱はこれを履いていないと押せない。
  • 板 - 穴場にかけることで、ジャンプせずに渡れるようになる。かけることができる場所は限定されており、使用すると回収は出来ない。
  • ライトサーベル - うちゅーじんを一定時間箱に変えてしまえる。箱化したうちゅーじんは木箱と同じ重さだが、炎に触れても燃えない。また、使い方を誤ると同行者も一緒に攻撃してしまう。

カンガエル EXIT[編集]

カンガエル EXIT
ジャンル パズルゲーム
対応機種 PSPiアプリXbox 360
開発元 タイトー
発売元 タイトー
メディア PSP:UMD
360:ダウンロード販売
発売日 PSP:2006年9月7日
i:2006年12月4日
360:2009年2月25日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

カンガエル EXIT』(-イグジット)とは、タイトーから2006年9月7日に発売された『EXIT』の続編。難易度が上がり、上級者向けの内容になっている。『ケータイデEXIT』のタイトルで携帯アプリに(2008年7月18日には続編『ケータイデEXIT-Lv.2〜ジャングル遺跡バージョン〜』が配信開始された)、『EXIT 2』のタイトルでXbox 360Xbox Live Arcade)に移植された。

EXITとの主な違い[編集]

  • 同行者に、マッチョ・ドッグ・うちゅーじんが追加された。
マッチョ(MACHO)
崖掴まりや垂直ジャンプなどのアクションが可能であり、上下移動ではMr.ESCと同等の移動能力を持つ。
アダルトを一人で引き上げられ、唯一ロープを下から上によじ登れる。代わりに体が重く大きいために四つん這いになれず、横方向への移動能力も低い。重量は3、腕力は4、跳び越せる穴の距離は1m。
ドッグ(DOG)
足が極めて速く、ベルトコンベアを逆走できる。また遭難者の中では唯一水面を泳ぐことが出来る。
体高が低く大人が通れない通路に入れるが、アイテムや壁式のスイッチを使用できず、昇り降りできる段差はは1mのみ。重量は1、腕力は0、跳び越せる穴の距離は4m。
うちゅ~じん
前作で敵として登場したうちゅ~じん。今回はMr.ESCの指示で自由に箱型と人型を切り替えられる。なお、黒いうちゅ~じんは今まで通り敵対し、助ける必要もない。
水底も火の中も歩け、箱化して誰かに押してもらえばどんなに高い場所から落ちてもミスにならない無敵の遭難者。ただしアイテムは使えない。昇り降りは1mまで、重量は2、腕力は0、跳び越せる穴の距離は1m。
  • ギミックがいくつか追加された。
水位変更スイッチ - 押すと一回だけ水位を変えられる。水が入れられるか抜かれるかはステージごとに異なる。
二重シャッター - 二階分に渡るシャッター。ただし閉まっているのはどちらか一方であり、スイッチを押すと切り替わる。
主電源レバー - 切り替えることで電気系統のギミックを全て止める事ができる。電気床などの有害なギミックを無効化できるが、スイッチなども全て作動しなくなる。
エスカレーター - 一方通行の階段。電動式の為、主電源を落とすと通常の階段と同じように昇り降りできる。
人間ロープウェイ - 掴まって空中を横に移動できる。途中で降りる事も出来るが、降りた場所でロープウェイも止まってしまう。握力のあるMr.ESCとマッチョしか使えない。
回転扉 - どちらか一方からしか通行できず、さらに一度通ると通行できる方向が逆になる。
横長の箱 - 高さ1m、幅2mの鉄の箱。金庫と同様に消火にも使える。重さは4w。
樽 - 四辺1mの木製の樽。最初は横倒しになっており、押すと壁に当たるか水に落ちるまで止まらない。転がる樽に当たるとミスになるが、止まった樽は箱と同様に扱える。壁式のスイッチに当たるとスイッチを押せる。水に浮くが、一つの樽に4w以上の物が乗ると1m沈み、8w以上乗ると水が入って沈んでしまう。一度沈むと物が無くなっても浮かばない。
  • Mr.ESCの動きが良くなる、ハシゴでの移動方向の変更可、時間制限があるスイッチのカウントが表示される、脱出完了判定の変更などがある。
  • シチュエーションは11+2、他にダウンロードステージがある。

など

関連項目[編集]

外部リンク[編集]