EWS-UX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

EWS-UXとは、NEC製エンジニアリングワークステーションEWS4800UNIXのことである。

歴史[編集]

CAD/CAM分野で使用されているグラフィックに特化したワークステーションにおいて、1980年代後半から2000年頃まではUNIXを採用したものが多かった。

NECのEWSも例に漏れず自社製UNIXを使用し、1993年頃までトップシェアを誇っていた2次元CADソフトのCAE-2D/MA[E]及び、SX-OSACOS4改造版)から移植した3次元CADソフトのCAE-3D/MA[E]及び、地図管理ソフトMAPVIEWをメインにシェアを伸ばしていた。

古舘伊知郎による「四方八方、4800シリーズ」などのコマーシャルもあり、郵政省通商産業省などの主要官庁系システムにも採用され、「NECのオープン化の旗印」とされていた。そのため、国産UNIXといえばNECのUNIXという時期もあった程である。

ハードウェア自体も、1990年初頭に当時主流だったCISC機からRISC機に切り替わり、RISCへの移行が行われた。当時、SONY及び住友電工DECなどとMIPSアーキテクチャCPUによるバイナリ互換協定を結び、さらにシェアを広げようとしていたが、途中で協定の主役の一人であるDECがAlphaチップを発表し、脱落した。

さらに、1993年頃からのUNIX戦争とそれに続く商用UNIX間の生存競争が激しくなり、NECのUNIXサーバOSであったUP-UXとの統合が図られた。開発リソースの集約にてUX/4800という名称に変更されリリースが続けられた。しかし、UP-UXも、次第に先細りになる国産UNIXのシェアと自社サーバと自社OSの開発費増大にNEC自体が音を上げ、NECによるUNIX開発はスーパコンピュータSXシリーズ用のSUPER-UX等の特殊なものを除き、主力サーバのUNIXはHPOEMに移行した。

バージョン[編集]

  • EWS-UX/V
  • EWS-UX/V(Rel4.0)
    • SVR4ベース
    • R3000(VR3600)、R4000を搭載したEWS4800シリーズのシステムに対応
  • EWS-UX/V(Rel4.2)
    • SVR4.2ベース
    • R4400、VR4200、R4600 などにも対応
  • EWS-UX/V(Rel4.2MP)
    • SVR4.2MPベース
    • R4400MCを使用したマルチプロセッサシステムにも対応
    • 実質的に、この時点でUP-UXと統合されていた。

関連項目[編集]