EMD NW2形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EMD NW2
Midland Kansas locomotive 524.jpg
基本情報
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 GM-EMD
製造日 1939年2月 - 1949年12月
総製造数 1,145両
主要諸元
軸配置(アメリカ式) B-B
軌間 1,435 mm
主動力 EMD 567型
エンジン形式 ディーゼルエンジン
気筒 V型12気筒
出力 750 kW (1,000馬力)
経歴

EMD NW2は、1939年2月から1949年12月の間にアメリカGM-EMDが製造した電気式ディーゼル機関車である。

概要[編集]

ウィントン製エンジンを搭載していたNW1形ディーゼル機関車の改良型として、エンジンをEMD自社製の567型としたものである。形式名のNは900馬力Nine hundred)を、Wは溶接台枠(Welded flame)を意味する。本形式は1000馬力(750kW)であるが、NW1の改良型であるために形式名を踏襲している。

製造期間は長きに渡り、製造両数は合計1145両に達した。うち1121両がアメリカ国内で、24両がカナダに輸出された。大半の車両はイリノイ州ラグランジュ工場で製造され、1948年末からはEMDの第三の工場、オハイオ州クリーブランド工場にて製造された。

途中、1942年から1945年までの3年間は製造が中断されている。それは 1942年戦時生産本部War Production Board、WPB)の命により、EMDは入換用ディーゼル機関車の製造を停止させられ、本線用ディーゼル機関車のみの製造を命じられたためである。終戦後、その指令が解除されると製造が再開され、1949年まで製造が続けられた。

なお同時期、他メーカーはEMDとは逆に入換用ディーゼル機関車と本線用蒸気機関車との製造を命じられており、結果として、戦後急速に進んだアメリカの鉄道におけるディーゼル化において、EMDが躍進することとなった。

本形式の発展型として、カウ・カーフ方式(2両1組で使用され、その片方の車両にのみ運転台がある)のTRが3組、TR2が36組、TR3が2組製造された。TR3は3両1組であり、子機の側にさらにもう1両、子機が連結される形態であり、ハード(Herds、群れ)と呼ばれた。TRは第二次世界大戦前、TR2とTR3は戦後の製造であった。

外観[編集]

運転台が車端に寄った、エンド・キャブと呼ばれる形状をしている。

外観の特徴として、フード(ボンネット)の中央付近に二つの煙突が設置されている。ウィントン製エンジン搭載車と異なり、フード側面上部のルーバーはない。また、デッキ上の砂箱はない。

新製時の所有者[編集]

NW2[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 備考
アパラチコラ・ノーザン鉄道
4
701–704
アーカンソー・アンド・ルイジアナ・ミズーリ鉄道
1
10
アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道
15
2353–2367
2403–2417に改番
アトランティック・コースト・ライン鉄道
6
601, 603, 605,
611, 613, 615
→改番され シーボード・コースト・ライン鉄道
ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道
49
400–408, 550–589
9500–9508, 9512–9551に順不同に改番
ボルチモア・アンド・オハイオ・シカゴ・ターミナル鉄道
3
409–411
9509–9511に改番
バンガー・アンド・アルーストック鉄道
4
800–803
20–23に改番
ボストン・アンド・メイン鉄道
14
1200–1213
カナディアン・ナショナル鉄道
20
7936–7945, 7956–7965
セントラル・オブ・ジョージア鉄道
2
20, 25
ニュー・ジャージー・セントラル鉄道
2
1060–1061
チェサピーク・アンド・オハイオ鉄道
41
1850–1856, 5200–5213, 5060–5079
シカゴ・アンド・イースタン・イリノイ鉄道
6
119–124
シカゴ・アンド・ウェスタン・インディアナ鉄道
2
250–251
シカゴ・グレート・ウェスタン鉄道
17
16–31, 42
シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道
シカゴ・バーリントン・アンド・クインシー鉄道
46
9203–9248
バーリントン・ノーザン鉄道
シカゴ・インディアナポリス・アンド・ルイビル鉄道 (モノン鉄道)
7
1–3, 14–17
1–3は 11–13に改番
シカゴ・ミルウォーキー・セント・ポール・アンド・パシフィック鉄道(ミルウォーキー鉄道)
8
1647–1654
665–672に改番
シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道
10
765–774
シカゴ・セント・ポール・ミネアポリス・アンド・オマハ鉄道
1
70
シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道
コロラド・アンド・サザン鉄道
4
150–153
コネモー・アンド・ブラック・リック鉄道
3
100–102
デラウェア・ラッカワナ・アンド・ウェスタン鉄道
5
461–465
エリー・ラッカワナ鉄道
デンバー・アンド・リオグランデ・ウェスタン鉄道
1
7000
100に改番
デモイン・ユニオン鉄道
1
7
ウォーバシュ鉄道の350→ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道の3350
デトロイト・ターミナル鉄道
11
104–112, 114–115
デトロイト・トレド・アンド・アイアントン鉄道
7
910–916
エルジン・ジョリエット・アンド・イースタン鉄道
40
403–407, 409–443
エレクトロ・モーティブ・ディビジョン (デモ車)
1
889
ユニオン・パシフィック鉄道の1000
エリー鉄道
27
401–427
エリー・ラッカワナ鉄道
フォート・ワース・アンド・デンバー・シティ鉄道
3
603, 605–606
フォート・ワース・ベルト鉄道
1
2
ミズーリ・パシフィック鉄道の1020
ジョージア鉄道
5
901–905
グランド・トランク・ウェスタン鉄道
24
7900–7914, 7966–7974
グレート・ノーザン鉄道
51
5302–5331, 5334-5336, 145–162
5302–5336は102–135に改番
イリノイ・セントラル鉄道
17
9150–9166
1000–1016に改番
インディアナ・ハーバー・ベルト鉄道
78
8715–8739, 8774–8802, 8811–8834
インディアナ・ノーザン鉄道
1
100
ニュー・ジャージー・インディアナ・アンド・イリノイ鉄道の2→ウォーバッシュ鉄道の#353→ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道の3353
ジャクソンビル・ターミナル鉄道
7
30–36
カンザス・シティ・サザン鉄道
32
1100–1102, 1125–1126,
1200–1226
1125-1126, 1212-1221はルイジアナ・アンド・アーカンソー鉄道
カンザス・オクラホマ・アンド・ガルフ鉄道
1
1001
ミズーリ・パシフィック鉄道の1027
レイク・チャンブレン・アンド・モリア鉄道
1
19
レイク・スペリオル・ターミナル・アンド・トランスファー鉄道
5
100–104
レーク・ターミナル鉄道
20
1001–1020
リーハイ・バレー鉄道
7
180–186
ルイビル・アンド・ナッシュビル鉄道
5
2240–2244
2215–2219に改番
マニステ・アンド・ノースイースタン鉄道
2
2–3
チェサピーク・アンド・オハイオ鉄道
メリーランド・アンド・ペンシルベニア鉄道
2
80–81
ミネアポリス・アンド・セント・ルイス鉄道
2
D-139, D-740
100, 101に改番
ミネアポリス・セント・ポール・アンド・スー・セント・マリー鉄道
2
300, 301
ミネアポリス・セント・ポール・アンド・スー・セント・マリー鉄道ウィスコンシン・セントラル鉄道
1
2108
ミズーリ・パシフィック鉄道
3
9104–9106
ミズーリ・イリノイ鉄道
1
51
ミズーリ・パシフィック鉄道の1028
ミズーリ・カンザス・テキサス鉄道
5
1026–1030
7–11に改番
ナッシュビル・チャタヌーガ・アンド・セント・ルイス鉄道y
5
20–23, 25
25→19に改番、→ルイビル・アンド・ナッシュビル鉄道
ニューヨーク・セントラル鉄道
57
8700–8714, 8740–8773, 8803–8810
8705-8714, 8740-8749はピッツバーグ・アンド・レイク・エリー鉄道
ニッケル・プレート鉄道(ニューヨーク・シカゴ・アンド・セント・ルイス鉄道)
16
7–22
ニューヨーク・オンタリオ・アンド・ウェスタン鉄道
21
111–131
1両はノーザン・パシフィック鉄道へ、3両はシカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道へ。
ノーザン・パシフィック鉄道
6
101–106
ペンシルバニア鉄道
32
3909, 5921–5925,
9155–9176, 9247–9250
ピオリア・アンド・ピーキン・ユニオン鉄道
6
400–405
ペレ・マルケット鉄道
14
51–64
チェサピーク・アンド・オハイオ鉄道
フェルプスドッジ、ラベンダー坑
2
1–2
フェルプスドッジ、モレンシー坑
4
5–8
フェルプスドッジ、ニュー・コーネリア支坑
7
1–5, 3 (second) 4 (second)
フィラデルフィア・ベツレヘム・アンド・ニュー・イングランド鉄道
8
219, 222–225, 26–28
219, 222–225は21–25に改番
レディング鉄道
8
90–92, 100–104
リパブリック・スチール
1
D-815
リバー・ターミナル鉄道
1
60
シーボード・エア・ライン鉄道
7
1406–1412
シーボード・コースト・ライン鉄道
サザン鉄道
69
2200–2204, 2206–2207, 2233–2284,
6050–6056, 6850, 6851, 8560
6050-6056はシンシナティ・ニュー・オーリンズ・アンド・テキサス・パシフィック鉄道へ、6850-6851はニュー・オーリンズ・アンド・ノースイースタン鉄道へ、8560はセント・ジョーンズ・リバー・ターミナル鉄道へ
サザン・パシフィック鉄道
50
1310–1319, 1403–1425, 72–88
#72-88はテキサス・アンド・ニュー・オーリンズ鉄道
スポケーン・ポートランド・アンド・シアトル鉄道
3
40–42
バーリントン・ノーザン鉄道の593–595
セント・ルイス・サウスウェスタン鉄道
4
1050–1053
1900-1903に改番
セント・ルイス・サンフランシスコ鉄道
16
250–265
テネシー・コール・アイアン鉄道
3
900–902
ターミナル・レールロード・アソシエーション・オブ・セント・ルイス
17
551–567
テキサス・アンド・パシフィック鉄道
20
1000–1019
ミズーリ・パシフィック鉄道
トロント・ハミルトン・アンド・バッファロー鉄道
4
51–54
タクソン・コーネリア・アンド・ジャイラ・ベンド鉄道
1
52
ユニオン・パシフィック鉄道
95
1001–1095
ユニオン鉄道
20
536–555
アメリカ海軍、フォールブルック海軍弾薬庫
4
1–4
アメリカ海軍ホーソーン
1
44
ウォーバッシュ鉄道
2
351–352
ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道の#3351–3352
ウェスト・バージニア・ノーザン鉄道
2
50–51
ホイーリング・アンド・レイク・エリー鉄道
4
D-1–D-4
ホイーリング・スチール
1
1251
合計 1145

TR[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 備考
イリノイ・セントラル鉄道
3組
9203AB–9205AB

TR2[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 備考
エレクトロ・モーティブ・ディビジョンn (デモ車)
1組
912AB
シカゴ・バーリントン・アンド・クインシー鉄道の9400AB
シカゴ・ベルト鉄道
2 組s
500AB, 501AB
シカゴ・バーリントン・アンド・クインシー鉄道
13組
9401AB–9413AB
カーフ・ユニットはのちに運転台付きに改造
シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道
2 組
2000AB, 2001AB
シカゴ・グレート・ウェスタン鉄道
9 組
58AB–66AB
イリノイ・セントラル鉄道
3 組
9206AB–9208AB
ミルウォーキー鉄道
1 組
2000AB
サザン鉄道
5 組
2400AB–2404AB
合計 36組

TR3 (cow-calf-calf)[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 備考
チェサピーク・アンド・オハイオ鉄道
2 組s
6500ABC, 6501ABC

現存車[編集]

今日でも多くの車両が存在している(#はロードナンバーを示す)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]