EMD DDA40X形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EMD DDA40X
UP 6915.jpg
保存されているUPの#6915
基本情報
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 GM-EMD
製造日 1969年6月 - 1971年9月
総製造数 47両
主要諸元
軸配置(アメリカ式) D-D
軌間 1435 mm
固定軸距 台車間距離: 65 ft (19.81 m)
軸距: 17 ft 1.5 in (5.22 m)
全長 98 ft 5 in (30 m)
全幅 10 ft 4 in (3.15 m)
全高 16 ft 4 in (4.98 m)
運転台部分: 14 ft 11.375 in (4.56 m)
総重量 545,500 lb (247,400 kg)
燃料容量 8,230 ガロン (31,154 L)
主動力 2 × EMD 645E3A
吸気方式 ターボチャージャー
気筒 V16
出力 6600 hp (4,900 kW)
保安装置 Leslie Supertyfon model S5TRRO or S3LR horns
経歴

EMD DDA40Xは、GM-EMDユニオン・パシフィック鉄道(UP)向けに製造した電気式ディーゼル機関車である。2組のディーゼルエンジン発電機と、2組の4動軸台車を持つ。出力は6600馬力(4,900 kW)であり、2台のエンジンを搭載した数値とはいえ、今日でももっとも出力の大きなディーゼル機関車のひとつである。47両が1969年6月から1971年9月にかけて製造され、UPのロードナンバーとして6900号から6946号が付番された。

概要[編集]

ユニオン・パシフィック鉄道が導入した8動軸の2エンジン機関車としては、DD35DD35Aに次ぐ3形式目にあたる。DDA40Xの最初の1両である#6900は、ユタ州プロモントリー・サミットで開催された大陸横断鉄道全通100周年祝賀会(ゴールデン・スパイク)に間に合うように製造された。そのため、UPでは本形式を「センティニアル(Centinnial、100周年の意)」と呼んだ。

DDA40Xは、それまでに製造されたディーゼル機関車の中でもっとも全長が長く、98フィート5インチ(約30m)もあった。台枠の長さはEMDの工場の製造能力を超えた長さとなったため、ジョン・モア社という外部の会社に製造を委託した。車幅いっぱいの前頭部ボンネットは、カウルユニットタイプのFP45のものである。そのデザインは、今日のフードユニットタイプの全機関車に採用されているカナディアン・コンフォート・キャブに極めて近い。

形式名の「X」は「実験的な」という意味を持ち、次世代機関車の開発を目指す試験車両としての要素もあった。落成当初には発電ブレーキの試験に使用されたほか、数々の試験が行われた。本形式で試験がなされたモジュラー式の電子制御装置は、のちのDash 2シリーズで採用されている。中には踏切近くで圧縮空気を使用した警笛を鳴らす等の、失敗に終わった試験もあった。

保存車両[編集]

6936号。2000年に踏切事故で損傷する(のち復旧)前日の撮影。

6936号がUPにより動態保存されているほか、12両が静態保存されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]