ELP四部作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ELP四部作
エマーソン・レイク&パーマースタジオ・アルバム
リリース 1977年3月(UK)
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 41分8秒 / 46分04秒
レーベル マンティコア
プロデュース グレッグ・レイク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールド等認定
  • Gold(英国・BPI)
  • Gold(米国・RIAA
エマーソン・レイク&パーマー 年表
レディース・アンド・ジェントルメン
(1974年)
ELP四部作
(1977年)
作品第2番
(1977年)
テンプレートを表示

ELP四部作』(Works, Vol.1) は、エマーソン・レイク・アンド・パーマーアルバム。当初は、特に輸入盤を購入した者の間で、原題をそのままカナに当てた「ワークス」という呼称も使われていたが、現在では国内盤CD(紙ジャケット/K2HD盤等)のオビに記載されている「ELP四部作」という呼称が浸透している。

収録曲[編集]

A面(ディスク1)
  1. ピアノ協奏曲第1番
    1. a. 第1楽章:アレグロ・ジョコーソ
    2. b. 第2楽章:アンダンテ・モルト・カンタービレ
    3. c. 第3楽章:トッカータ・コン・フォコ
B面(ディスク1)
  1. 今夜は愛の光につつまれて
  2. セ・ラ・ヴィ
  3. 願わくは、み名の尊まれんことを
  4. ノーバディ・ラヴズ・ユー・ライク・アイ・ドゥ
  5. クローサー・トゥ・ビリーヴィング
C面(ディスク2)
  1. 邪教の神、そして悪の精の踊り
  2. L.A.ナイツ
  3. ニューオーリンズ
  4. 2声のインヴェンションニ短調
  5. フード・フォー・ユア・ソウル
  6. タンク
D面(ディスク2)
  1. 庶民のファンファーレ
  2. 海賊

内容[編集]

本作は、ELPのスタジオ録音アルバムとしては約3年半ぶりの新作にあたる。ただし厳密に言えば、ELPとしての作品はD面(ディスク2の後半)だけであり、他の3面は各メンバーのソロ作品が収録されている。ELPで制作したD面の2曲の内、アーロン・コープランドの曲をアレンジした「庶民のファンファーレ」は3人だけで演奏され、オリジナルの「海賊」は3人の演奏+オーケストラという構成になっている。各メンバーのソロ作品は基本的にオーケストラや他のミュージシャンとの演奏であり、カール・パーマーの「L.A.ナイツ」でキース・エマーソンが参加している以外は相互の参加はない。

参加アーティスト[編集]

全体的にオーケストラが参加している他、主だったところでは、キース・エマーソンの「ピアノ協奏曲」にジョン・メイヤーがオーケストラアレンジで、グレッグ・レイクの作品にピート・シンフィールドが作詞で、カール・パーマーのL.A.ナイツにジョー・ウォルシュがギターとシャウト・ヴォイスで参加している。

経緯[編集]

一般的には、1974年以降の休止期間で、各メンバーがそれぞれソロ作品を作っていたものの、後で話し合ってみたらコンセプトが似ていたので、敢えてソロにする必要は無いと結論した事、そしてソロ・アーティストとしてレコード会社に売り込むのは労苦が伴う事…といった様々な理由で、再び結集した…となっている。

評価[編集]

イギリスでは最高9位、アメリカでは第12位を獲得した。なお、ELPのアルバムとしては最後のトップ10入りとなっている。

また、「庶民のファンファーレ」が3分程度に編集されてシングル・カットされ、イギリスのシングル・チャートで2位まで上昇している。ELP最大のヒット曲となった。

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.93