EF-111 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

EF-111 レイヴン

EF-111A Raven.jpg

EF-111Aアメリカ空軍が運用していた電子戦機である。愛称は「レイヴン(Ravenワタリガラスの意)」。非公式な愛称として「スパークバーク(Spark Vark)」や「エレクトリック・フォックス(Electric Fox)」ともいわれることがある。F-111A戦闘爆撃機の改造型であり、1977年3月10日に初飛行した。

開発[編集]

1960年代から1970年代にかけて、アメリカ空軍はEB-66を電子戦機として運用しており、ベトナム戦争において電子妨害を行っていた。EB-66の性能が陳腐化し、1972年にアメリカ海軍EA-6Bをベトナムに投入すると、空軍も新型電子戦機の開発を検討するようになった。当初EA-6Bの採用も考えられたが能力的に不十分であるとされ、十分な機内容量と航続性能および速度を有するF-111Aをもとに電子戦機を開発することとされた。

EF-111Aの製造にはジェネラル・ダイナミクスグラマンが名乗りを上げ、検討の結果1974年12月にグラマン案が採用され、1975年1月に契約が結ばれた。42機が1985年までにEF-111Aに改造され、総改修費用は約150億USドルであった。

垂直尾翼のポッドに搭載されているAN/ALQ-99E。

EF-111Aに搭載する電子妨害装置はEA-6Bに搭載されていたものの改良型であるAN/ALQ-99Eを使用することとされたため、電子戦機材に関する開発期間は短く、機体形状の変化による空力特性の研究に時間が費やされた。空気抵抗を抑えるため、電子機器やアンテナ類は爆弾倉や胴体下部、垂直尾翼先端に収納しており、EA-6Bのような主翼下の外部ポッドは使用していない。そのため、F-111Aとの外見上の相違は、腹部のカヌー型レドーム(4.8m長)と垂直尾翼先端のポッド程度である。また、電子機材の増加に伴い、発電能力も増強されている。電子機器や機体改造に伴う重量増加は4t近くにも及んでいる。

乗員はF-111Aと同じ2名で、兵装システム士官(Weapon System Officer,WSO)の代わりに電子システムを扱う電子戦士官(Electric Warfare Officer,EWO)が搭乗する。コックピットのWSO席がEWO席に改装されたことに伴い、複操縦装置も撤去されている。AN/ALQ-99EはEA-6Bと基本的な能力は変わらないが、乗員は半分の2名であり、しかも電子戦に専従するのは1名である。高度な自動化が図られているとはいえ、この相違は、電子戦を全面的にオールインワンで担わなければならない海軍機と、そうせずともよい空軍機との相違による。自衛用電子装備もAN/ALQ-137やAN/ALR-62が装備された。また、同じ電子戦専用機とはいえ、EA-6Bとは違いAGM-88 HARMなどの対レーダーミサイルは運用できず、自衛火器も有さない。EF-111Aは、改修による飛行性能の低下は少なく、優秀な高速性能を保持していたため、運用形態として遠距離からの電子妨害(スタンドオフ・ジャミング)のほか、攻撃部隊とともに目標に接近しての電子妨害(エスコート・ジャミング)も行えることが考慮されていた。

運用[編集]

1981年に第390電子戦闘飛行隊(390ECS)より配備が開始された。EB-66退役後は空軍唯一の電子戦機となり、初の実戦は1986年のリビア爆撃(エルドラド・キャニオン作戦)である。1989年のパナマ侵攻や1991年の湾岸戦争などで活躍した。1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ空爆(デリバリット・フォース作戦)が最後の参戦となった。損失は湾岸戦争中の1機のみ。なお湾岸戦争中に、火器を一切装備していないにもかかわらずイラク空軍のミラージュF1を1機撃墜している。これはミラージュF1に追尾されたEF-111Aが、地形追随モードによる超低空飛行で回避しようとした結果ミラージュF1を地面に激突させたもので、「マニューバーキル」として公式に撃墜と認定されている。

1990年代にはGPS搭載を含む、近代化改装が行われたものの、維持費がかさむため順次退役し、アリゾナ州デビスモンサン空軍基地にあるAMARGモスボールされるなどした。1998年には全ての機体の運用を終了した。アメリカ空軍はEF-111Aの後継機を開発していなかったため、2008年現在空軍には専用の電子戦機は存在しておらず、電子戦は海軍海兵隊EA-6B プラウラーに頼っている。なお、2008年時点では国立アメリカ空軍博物館をはじめとして4機が展示保存されている。

ギャラリー[編集]

要目[編集]

GENERAL DYNAMICS EF-111A RAVEN.png
  • 乗員:2名
  • 全長:23.17m
  • 全高:6.1m
  • 全幅
    • 後退角16度:19.20 m
    • 後退角72.5度:9.74 m
  • 翼面積
    • 後退角16度:48.77 m²
    • 後退角72.5度:61.07 m²
  • 機体重量
    • 自重:25,070kg
    • 全備:40,350kg
  • 機体内燃料搭載量:14,740kg
  • 発動機:プラット・アンド・ホイットニーTF-30-P-3A/B付きターボファンエンジン)×2
  • 推力:8,391kg×2(A/B使用時)
  • 航続距離:3,220km
  • 速度
    • 最大:2,272km/h
    • 巡航:約800km/h
  • 離陸距離:1,349m
  • 実用上昇限度:13,715m
  • 上昇率(海面上):1,006m/min
  • 武装:なし

外部リンク[編集]