EDガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

EDガラス (Extra-low dispersion glass, Extraordinary low dispersion glass) は異常部分分散性を持ったガラスのこと。UD, LD, SD, もしくは特殊低分散ガラスなどとも呼ばれる。

概要[編集]

色収差の少ないアポクロマートレンズを作るために用いられ、EDガラスによって作られたレンズは、レンズメーカーによりEDレンズ・UDレンズ・LDレンズ・SDレンズなどと呼称される。適切に使用すると非常に色収差の少ない像を得ることができ、高性能を要求する光学機器、特にカメラ用レンズ・顕微鏡望遠鏡などに用いられる。

異常部分分散性とは[編集]

ある波長範囲における屈折率差を部分分散と呼ぶ。通常のガラスでは部分分散は可視光線近傍領域では波長にあまり依存しない。波長によって部分分散が特異に変化するものを異常部分分散・特殊分散と呼ぶ。青(500 nm程度)の領域の分散性が特異に低いものを低分散・高いものを高分散と呼ぶ。

組成など[編集]

異常部分分散性・低分散性をもつレンズとしては蛍石レンズフッ化カルシウムの人造単結晶を削りだしたもので、ガラスではない)があるが、フッ化カルシウムの単結晶の製造は技術的にかなり困難で、しかも素材が軟らかく割れやすいため切削・研磨が困難である等欠点が多い。そのため代替品が求められてきた。この要望によって開発されたのがEDレンズである。製品としてはオハラの「S-FPL51Y」や「FPL51Y」、ドイツショットの「FK51」などがある。

多くは既存のガラス(ケイ素酸化物系)に無機フッ素化合物や無機リン酸化物・ホウ素化合物などを加えて特性を改良したものであるが、リン酸クラウンガラス (PK) などケイ素成分を含まないものも存在する。

色収差をさらに低減させたレンズを「SDレンズ」と呼ぶこともあるが、EDレンズとの境界は明確ではなく、場合によってはほぼ同様の概念で用いられる。一般的に世界各国ではまとめてEDと呼ばれ、SDの呼称は一般的ではない。しかし日本ではこれらを区別しており、蛍石に非常に近い特性を持つものをSDガラス、近い特性を持つものをEDガラス、としている。

キヤノンはカタログなどにおいて、自社がレンズ材として使用している蛍石レンズの優位性を強調するため「UDレンズは2枚で蛍石レンズ1枚に相当する」と謳っている[1]

重要な光学的性質である異常部分分散性については蛍石に劣るものの、コストと耐候性の点では有利である。

歴史[編集]

ヨゼフ・フォン・フラウンホーファーが試作したものの極端に腐食に弱く実用化に失敗、実用化は天然の結晶を利用した蛍石レンズが先行した。実例としては1837年のビュースターによる顕微鏡レンズ、1888年のエルンスト・アッベによる顕微鏡用対物レンズなどが挙げられる。

実用品は1960年代後半から1970年代前半にかけて開発された。ショットが1966年に開発したクラウンガラス「FK50」が実用品として世界初とされ、その後順次開発が進んだ。さらに日本光学メーカーがこれに追随した。耐候性、価格、製造技術などは飛躍的に進歩し、現代に至っている。

出典[編集]

  • 新版屈折望遠鏡光学入門 吉田正太郎 誠文堂新光社 2005 ISBN 4-416-20518-X

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]