EADS アストリアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アストリアム
業種 宇宙産業、宇宙旅行
前身 EADS SPACE
設立 2006年12月
創業者 EADS
本拠所在地 フランスパリ
従業員数 15,000人
株主 EADS
ウェブサイト http://www.astrium.eads.net/

アストリアムAstriumはEADSの航空宇宙部門の子会社で民間と防衛の宇宙システムとサービスを提供する。2008年時点においてアストリアムはフランス、ドイツ、イギリス、スペイン、オランダで売上高43億ユーロ、15000人を雇用する。[1]

事業領域[編集]

3分野で活動する。

宇宙旅行[編集]

2007年6月、EADSは宇宙旅行分野に進出する事を発表した。2007年6月20日、1段式の準軌道へのジェットエンジンとロケットエンジンの両方を備えたハイブリッド式スペースジェットの模型を発表した。スペースジェットは通常の飛行場から4名の乗客を乗せて通常のジェットエンジンを使用して離陸する。ロケットエンジンが必要な高度に到達したら点火する。最終的に高度100 kmに到達した後は乗客たちは3分間の無重力状態を体験する。2012年の開始時点において予想される費用の上限は€200,000である。[2] EADSは開発費用が10億ユーロかかると見積もっている。2009年1月28日時点でEADSアストリアムは計画が無期限保留であると確認された。[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]