E13 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

E13 (HMS E13) はイギリス海軍潜水艦E級

艦歴[編集]

チャタム工廠で建造。1912年12月16日起工。1914年12月9日就役。

1915年8月18日から19日の夜、バルト海へ向かっていたE13はジャイロコンパスの不具合が原因でマルメコペンハーゲンの間に浮かぶSaltholm島付近のデンマーク領海内で座礁した。朝になるとデンマークの艦艇が現れ、続いてドイツの水雷艇G132も現れた。G132は一旦はその場を離れたものの、攻撃命令を受けて別の水雷艇とともに再び座礁現場に現れた。E13はこのドイツ水雷艇2隻から攻撃を受けて15人の死者を出したが、デンマークの水雷艇SøulvenによりE13に対する攻撃は止められた。E13とその乗員は1915年9月3日にデンマークによって抑留された。

1912年12月14日にE13はデンマークの解体業者にスクラップとして売却された。

参考文献[編集]

  • Submarines, War Beneath The Waves, From 1776 To The Present Day, By Robert Hutchinson
  • Paul G. Halpern, A Naval History of World War I, Naval Institute Press, 1994, ISBN 1-55750-352-4