E級潜水艦 (イギリス海軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
E級潜水艦
HMS E7 (WWI).jpg
艦級概観
艦種 航洋型潜水艦
艦名
前級 D級潜水艦
次級 F級潜水艦
性能諸元
排水量 水上:667トン、水中:807トン
全長 55.17m
全幅 6.91m
吃水 3.81m
機関 ディーゼル・エンジン×2基(1,600馬力)
電動機×2基(840馬力)、2軸推進
最大速力 水上14ノット(26km/h)、水中9ノット(17km/h)
航続距離 水上10ノット(19km/h)で6,035km
水中5ノット(9km/h)で121km
乗員 30名
兵装 12lb砲×1門
457mm魚雷発射管×5門(艦首2門、中部2門、艦尾1門)
魚雷×10発

E級潜水艦 (E class submarine) はイギリス海軍の航洋型潜水艦1913年から1916年にかけて55隻が建造され第一次世界大戦で活躍した。

概要[編集]

E級潜水艦はC級潜水艦で明らかにされた欠点を改良したD級潜水艦を前身として建造された。E級潜水艦は主として魚雷発射管の配置の違いから大きく5つのグループに分けられる。E級潜水艦のうち6隻は船体中央の魚雷発射管を撤去して、フランス海軍に先駆けて20個の機雷を外殻の垂直敷設筒に搭載できるよう改造された。搭載された機関はヴィッカース社製のブラスト噴射単動4ストロークの8気筒ディーゼルエンジンであり、6気筒ディーゼル・エンジン搭載のD級潜水艦よりもいくらかパワーアップした。E級潜水艦の水上兵装は多岐にわたり、初期のE級潜水艦には砲装備はまったくないか、2lb砲1門を装備するかのどちらかであった。だが、甲板砲の欠如が痛切に感じられた結果、後期の艦では12lb砲と2lb砲をそれぞれ1門ずつ搭載するようになり、E20潜水艦では152mm榴弾砲が装備された。また、1922年5月ユトランド沖海戦の直前には、E22潜水艦がソッピース水上機を搭載し、世界最初の航空機搭載潜水艦となった。E級潜水艦は第一次世界大戦中に22隻が戦没した。

関連項目[編集]