E・C・タブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

E・C・タブ(E. C. Tubb)ことエドウィン・チャールズ・タブ(Edwin Charles Tubb; 1919年10月15日[1] - 2010年9月10日[2])は、イギリス小説家SF作家。小学校卒業後から様々な職を転々する中、戦前からSFを書き始め、1951年に「ニュー・ワールズ」誌から短編"No Short Cuts"でデビュー[1]。それ以降は50以上[3]のペンネームの下にSF、ミステリ、西部小説など[1]大量の娯楽小説を執筆した。1972年の時点で、上梓した長編は102、短編は数百あった[3]。編集者の経験もある(1956年から57年にかけ、イギリスの「オーセンティック・サイエンス・フィクション」誌を編集)[1][3]

日本では「デュマレスト・サーガ」 (The Dumarest Saga) の作者として知られている。

また、グレゴリイ・カーン (Gregory Kern) 名義の作品では、アメリカのDAWブックスから刊行したスペースオペラ「キャプテン・ケネディ」シリーズが知られている。カーンの名義はこのシリーズ用のペンネームで、当初その正体がタブであることは秘密にされた[4]

作品リスト(日本語訳のあるもののみ)[編集]

デュマレスト・サーガ[編集]

(原著刊行年 / 邦訳年)

  1. 『嵐の惑星ガース』 "The Winds of Gath" (1967 / 1982)
  2. 『夢見る惑星フォルゴーン』 "Derai" (1968 / 1982)
  3. 『迷宮惑星トイ』 "Toyman" (1969 / 1982)
  4. 『共生惑星ソリス』 "Kalin" (1969 / 1982)
  5. 『キノコの惑星スカー』 "The Jester at Scar" (1970 / 1982)
  6. 『聖なる惑星シュライン』 "Lallia" (1971 / 1982)
  7. 『科学惑星テクノス』 "Technos" (1972 / 1983)
  8. 『植民惑星ドラデア』 "Veruchia" (1973 / 1983)
  9. 『幻影惑星トーマイル』 "Mayenne" (1973 / 1983)
  10. 『誘拐惑星オウレル』 "Jondelle" (1973 / 1983)
  11. 『流血惑星チャード』 "Zenya" (1974 / 1983)
  12. 『テクノ惑星カモラード』 "Eloise" (1975 / 1983)
  13. 『秘教の惑星ナース』 "Eye of the Zodiac" (1975 / 1983)
  14. 『虚像惑星バラドーラ』 "Jack of Swords" (1976 / 1983)
  15. 『悪夢の惑星ホーガン』 "Spectrum of a Forgotten Sun" (1976 / 1983)
  16. 『野望の惑星ハラルド』 "Haven of Darkness" (1977 / 1983)
  17. 『死霊の惑星ザキム』 "Prison of Night" (1977 / 1983)
  18. 『希望の惑星アス』 "Incident on Ath" (1978 / 1983)
  19. 『砂漠の惑星ハージ』 "Web of Sand" (1979 / 1984)
  20. 『刺客の惑星ヒアカーヌ』 "The Quillian Sector" (1978 / 1984)
  21. 『空想惑星エスリン』 "Iduna's Universe" (1979 / 1984)
  22. 『秘薬の惑星エリシウス』 "The Terra Data" (1980 / 1984)
  23. 『異形の惑星クルディップ』 "World of Promise" (1980 / 1984)
  24. 『天翔ける惑星ザブル』 "The Terridae" (1981 / 1984)
  25. 『女帝の惑星ジュールダン』 "The Coming Event" (1982 / 1985)
  26. 『真珠の惑星サカウィーナ』 "Nector of Heaven" (1981 / 1985)
  27. 『鳥人の惑星ヘヴン』 "Earth Is Heaven" (1982 / 1985)
  28. 『超能力惑星バーツ』 "Melome" (1983 / 1986)
  29. 『遊民の惑星ライカン』 "Angado" (1984 / 1986)
  30. 『生命の惑星カスケード』 "Symbol of Terra" (1984 / 1987)
  31. 『最後の惑星ラニアン』 "The Temple of Truth" (1985 / 1989)
  32. "The Return" (1997 / 未訳)
  33. "Child of Earth" (2008 / 未訳)

原作では『サカウィーナ』が『ザブル』の前、『ヒカアーヌ』が『ハージ』の前に来る。

シリーズ第1作から第5作までは2006年に創元SF文庫より復刊されている。

短編[編集]

  • 「明朝の壺」 Ming Vase
  • 「青二才」 Fresh Guy
  • 「悪魔は時代おくれ」 Return Visit

グレゴリイ・カーン名義[編集]

  • キャプテン・ケネディ・シリーズ
    • 「異次元の陥穽」Galaxy of The Lost
    • 「サーガンの奴隷船」Slave Ship from Sergan
    • 「メテラーゼの邪神」Monster of Metelaze
    • 「惑星メラーの魔薬」Enemy within The Skull
    • 「ジャーレンの秘宝」Jewel of Jarhen
    • 他未訳12作

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『迷宮惑星トイ』旧版(1982年初版、ISBN 4-488-67403-8)巻末「訳者あとがき」(酒井昭伸)より
  2. ^ “E.C. Tubb, 1919-2010” (英語). Locus Online (ローカス). (2010年9月13日). http://www.locusmag.com/News/2010/09/e-c-tubb-1919-2010/ 2010年9月15日閲覧。 
  3. ^ a b c 『嵐の惑星ガース』旧版(1982年初版、ISBN-4-488-67401-1)巻末「訳者あとがき」(鎌田三平)より
  4. ^ 『異次元の陥穽』(1975年初版)巻末「スペース・オペラ界の新星」(小隅黎)より