Eチケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Eチケット(E ticket)とは、ディズニーランドウォルト・ディズニー・ワールド東京ディズニーランドなどで、アトラクションを利用するのに必要だったチケット(クーポン)の名称。東京ディズニーランドではE券と呼ばれていた。

概要[編集]

アメリカ合衆国のディズニーランドマジックキングダムでは1982年まで、日本の東京ディズニーランドでは2001年3月まで、アトラクションを利用するのに、アトラクションの種別毎にAチケット(A券)、Bチケット、Cチケット、Dチケット、Eチケットのいずれかが必要であった。(全てのアトラクションを各チケット無しで利用できる「パスポート」も併売されており、後にこの「パスポート」へ一本化される。)

AチケットよりもEチケットのほうが高額な料金設定がされており、また高人気のアトラクションとして設定されていた。

各アトラクションの利用時に、チケットを渡すか、パスポートを提示する必要があった。なお、東京ディズニーランドのミート・ザ・ワールドのように、チケットが不要なアトラクションも存在した。

ディズニーランド[編集]

ウォルト・ディズニー・ワールド[編集]

マジックキングダムでパークの閉園後に3時間遊べるチケットをEチケットまたは「E-Ride Nights」と呼ぶ。

1997年6月により2004年まで週に1日か2日程度の割合で開催されていた。

利用可能だったアトラクションは以下の通り。

  • バズ・ライトイヤーのスペースレンジャースピン
  • スペースマウンテン
  • スプラッシュマウンテン
  • ビッグサンダーマウンテン
  • アストロオービター
  • ホーンテッドマンション
  • トゥモローランド・トランジット・オーソリティ

東京ディズニーランド[編集]

2001年4月1日にEチケットをはじめとするアトラクション券は廃止された。

販売価格
1983年4月15日 - 1988年2月:400円
1988年3月1日 - 1996年3月:500円
1996年4月1日 - 2001年3月:600円
利用可能だったアトラクション
アドベンチャーランド
ウエスタンランド
クリッターカントリー
ファンタジーランド
トゥモローランド

エピソード[編集]

  • 1983年、アメリカ合衆国で最初の女性宇宙飛行士サリー・ライドは、地上のコントールセンターから大気圏外に到達した時にスペースシャトルの乗り心地をたずねられた際に、「Eチケットのアトラクションのよう("That was definitely an E ticket!")」と答えている。
  • アル・ヤンコビックの楽曲「ジュラシック・パーク」に「Eチケットが無い」といったような歌詞があるなど、アメリカ合衆国の楽曲やゲームで例として取り上げられることも多い。(英語版の本記事に詳しい。)
  • 2008年、開園25周年を迎えた東京ディズニーランドでは、AチケットからEチケットまでのアトラクション券を模したメモ、ハンドタオルなどの商品が発売された。