E=MC2 (マライア・キャリーのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「E=MC2」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
E=MC2
マライア・キャリースタジオ・アルバム
リリース ロシアの旗 2008年4月9日
イギリスの旗フランスの旗 2008年4月14日
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2008年4月15日
日本の旗ブラジルの旗 2008年4月16日
ジャンル ポップスR&B
レーベル アイランド
ユニバーサル・インターナショナル
プロデュース マライア・キャリー(エグゼクティブ
L.A.リード(エグゼクティブ)
ブライアン=マイケル・コックス、DJトゥーンプ、ジャーメイン・デュプリ、ジェイムス・ポイザー、スウィズ・ビーツザ・ドリームトリッキー・スチュワートスコット・ストーチ、スターゲイト
ゴールド等認定

プラチナ(アメリカ
ゴールド(イギリス)
ゴールド(日本

マライア・キャリー 年表
MIMI
(2005年)
E=MC2
(2008年)
メモワール
(2009年)
テンプレートを表示

E=MC2』(イー・イコールズ・エムシー・スクエアード)は、マライア・キャリーの11枚目のスタジオ・アルバム。邦題は『E=MC2〜MIMI第2章』。

解説[編集]

タイトルは特殊相対性理論E=mc²からとられた。MCはマライア・キャリーのイニシャルであり、前作(The Emancipation of Mimi)の第2章という意味が隠されている。

タイトル通り内容は前作を踏襲しており、ヒップホップ系のプロデューサーやゲストアーティストを多数参加させつつ、アダルト・コンテンポラリー寄りのバラードも収録している。

米国では前作を上回る46.3万枚の初動売上でBillboard 200の初登場1位を記録し、2週連続1位を獲得した。しかしながら米国での累計セールスは約130万枚、全世界では約250万枚と前作に比べて大幅にセールスを減らした。 前作と比べセールス的には下がったが、ダウンロードなどのデジタル音楽業界により世界中で年々CDが売れないと言われている時代にこの売り上げは、まずまずの成功と言えるだろう。 2008年5月にプロモーションのため来日した。本作に付随したライブツアーは行われなかった。

シングル[編集]

  1. タッチ・マイ・ボディ
    18作目のBillboard Hot 100 第1位を獲得。ザ・ビートルズ(通算20曲)に次ぐ記録となった。
  2. バイ・バイ
    この曲のプロモーションビデオに出演し知り合ったニック・キャノンと電撃結婚した。Billboard Hot 100 最高19位。
  3. ラヴィン・ユー・ロング・タイム
    日本テレビ系プロ野球中継「PRIDE&SPIRIT 日本プロ野球」の2008年度テーマ曲。その縁で5月のプロモーション来日時に東京ドームでの読売ジャイアンツの試合で始球式を行った。Billboard Hot 100 最高58位。
  4. アイ・ステイ・イン・ラヴ
    Billboard Hot 100にはランクインしなかった。原曲はバラードだが、ダンスリミックスがBillboard Hot Dance/Club Playで自身12曲目の1位となった。

収録曲[編集]

  1. Migrate feat. T-Pain(マイグレイト feat. T-ペイン
  2. Touch My Body(タッチ・マイ・ボディ)
  3. Cruise Control(クルーズ・コントロール)
  4. I Stay In Love(アイ・ステイ・イン・ラヴ)
  5. Side Effects feat. Young Jeezy(サイド・エフェクツ feat. ヤング・ジージー
  6. I'm That Chick(アイム・ザット・チック)
  7. Love Story(ラヴ・ストーリー)
  8. I'll Be Lovin' U Long Time(ラヴィン・ユー・ロング・タイム)
  9. Last Kiss(ラスト・キス)
  10. Thanx 4 Nothin'(サンクス・フォー・ナッシン)
  11. O.O.C.
  12. For The Record(フォー・ザ・レコード)
  13. Bye Bye(バイ・バイ)
  14. I Wish You Well(アイ・ウィッシュ・ユー・ウェル)
  15. Heat(ヒート) - 日本盤ボーナストラック
  16. 4real4real(フォーリアルフォーリアル) - 日本盤ボーナストラック