Duolingo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Duolingo
URL duolingo.com
スローガン Free language education for the world
タイプ eラーニング, 翻訳, クラウドソーシング
登録 無料
使用言語
設立日 2011年11月30日(3年前) (2011-11-30
現状 Public

Duolingoは無料の言語学習、及びクラウドソーシング翻訳用プラットフォームである。 利用者がコースを受講する事で、同時にウェブサイトやその他文書の翻訳に貢献するように設計されている[1][2]。 2014年11月までに、Duolingoはラテンアメリカスペイン語フランス語ドイツ語ブラジルポルトガル語イタリア語オランダ語スウェーデン語デンマーク語、そしてアイルランド語のコースが英語話者向けに、また、アメリカ英語のコースをスペイン語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、オランダ語、ロシア語、トルコ語、日本語、中国語、韓国語などの話者向けに提供している。 WebiOSAndroid、Windows Phone 8.1で利用可能である。

Duolingoは2011年4月にTEDにて構想が発表され、2011年11月30日にプライベートベータを開始した[3]。2012年6月19日に一般公開された。[4][5][6]。 2013年に、Appleにより教育アプリとしては初の年間iPhoneアプリ賞に選出された[6]。2014年11月の時点で5000万人の利用者がいる[7]


教育モデル[編集]

Duolingoは膨大な筆記及びリスニングのレッスンを提供している。それに対してスピーキングの割合は少な目である。 進捗状況がゲーミフィケーションを活用した技能図で表されるほか、学習した語彙を練習出来る、「語彙のセクション」が用意されている。

利用者は各課目を終えると、最大13点で間違いごとに3点が引かれる技能点が得られる。 各技能は、それに関連する全てのレッスンをユーザーが終えたら、「学習済み」だとみなされる。 コース前半では4つ、後半では3つのライフがあり、間違いごとに1ライフが引かれる。 0ライフ所持時に間違えると、コースを再挑戦しなくてはならなくなる。 Duolingoはまた、「時間制限ありモード」も有していて、その場合利用者は各30秒の制限時間がある20題を回答し、正答時に技能点と7−10秒の追加回答時間が得られる[8]。 コース全体で2000単語以上が学習出来る[9]

Duolingoはデータ駆動型の教育手法を重視しており[10]、途中の各段階で難問や間違いの種類を測定し、そのデータを集約して規則性を解析している。 このデータ駆動型の手法の有効性は同社が委託した外部研究によって検討された。 ニューヨーク市立大学及びサウスカロライナ大学の教授達によって実施された研究にて、同サービスの34時間の利用は130時間以上の大学初年度の言語講座で得られる読み書き能力に匹敵すると推定された。 同研究では発話能力は測定しておらず、被験者の学生の大半は研究の2時間以内に脱落したことが判明した[11]。 同研究はまた、ロゼッタストーン (企業)の利用者は同量程度の学習に55〜60時間かかるという事も発見した[12]。 また、BBC[13]、 Book2[14]、またはBefore You Know Itなどの他の無料または安価な教材との比較は行わなかった。

ビジネスモデル[編集]

Duolingoは利用者に利用料を徴収しない。

その代わり、クラウドソーシングのビジネスモデルにより企業より収益を得ている。そこでは上級者の利用者を翻訳活動(イマージョン)に招待して、コンテンツを翻訳させたり投票させたりし、そのコンテンツを提供している組織がDuolingoにその翻訳のお金を払う事になる。

2013年10月14日にCNNとBuzzFeedの国際サイトの記事を翻訳する契約を締結したと発表した[15][16]

インキュベーター[編集]

Duolingoは、ゆっくりと公式に対応言語を追加していく代わりに、CEOのルイス・フォン・アンは2013年5月29日、コミュニティが新しい言語のコースを作成するために必要なツールを作成すると発表した。 これにより、より多くの言語が追加され、「我ら以外の特定の言語のエキスパート達や、その言語を導いていきたいという情熱を持つ人々に力を貸す」[17] 事を期待している。 その結果はインキュベーターと呼ばれる物となった。 公開されたのは2013年10月9日[18][19]。 それは現在広く話されている言語のコースを作成​する支援に加え、より少数の人にしか使われていないラテン語、マヤ語、バスク語、エスペラント語などのマイナーな言語の維持の支援も目標としている[20]。 当機能を活用して初めてコミュニティが作成したロシア語圏向け英語コースのベータ版が、2013年12月19日に公開された[21]

日本語話者向け英語コースは2014年11月の段階ではベータ版である。

歴史[編集]

このプロジェクトはピッツバーグで、カーネギーメロン大学の教授、ルイス・フォン・アン (ReCAPTCHAの創始者)と彼の大学院生であるセヴァリン・ハッカーによって開始された。

そしてその後Antono Navas, Vicki Cheung, Marcel Uekermann, Brendan Meeder, Hector Villafuerte, そしてJoe Fuentesも開発に参加した[1][22]。 このプロジェクトはもともとはルイス・フォン・アンのマッカーサー基金アメリカ国立科学財団の補助金がスポンサーだった[23][24]。 そして大部分はプログラミング言語Pythonで書かれた[25]。 その後にUnion Square Venturesと俳優のアシュトン・カッチャーのA-Grade Investmentsから追加の資金提供を受けた[26][27]

2012年11月13日、DuolingoはiOSのアプリをApp Storeにリリースした[28] 。 アプリは無料でダウンロード出来、ほとんどの iPhone, iPod, そしてiPadデバイスと互換性がある[29]。 2013年5月29日、DuolingoはAndroidのアプリもリリースし、その最初の週で100万回以上ダウンロードされ、すぐにGoolge Playのストアでナンバー1のアプリとなった[30]

2014年11月現在、Duolingoは38人のスタッフを擁し、カーネギーメロン大学キャンパス近郊のShadysideで操業している[31][32]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Meet Duolingo, Google's Next Acquisition Target; Learn A Language, Help The Web”. TechCrunch. 2011年7月2日閲覧。
  2. ^ Translating the Web While You Learn”. Technology Review. 2011年7月2日閲覧。
  3. ^ ルイス・フォン・アーン 「ネットを使った大規模共同作業」”. TED.com. 2014年12月9日閲覧。
  4. ^ reCaptcha Founder's Language Learning Site Duolingo To Open To The Public On June 19”. TechCrunch. 2012年5月29日閲覧。
  5. ^ Duolingo Comes To The iPad, Now Has More Than 5M Active Users
  6. ^ a b Duolingo snags iPhone App of the Year
  7. ^ http://www.irishtimes.com/business/technology/irish-language-gets-boost-from-duolingo-mobile-app-1.2017359 Irish language gets boost from Duolingo mobile app]
  8. ^ Ready, Set, Practice!”. Duolingo Blog. 2012年11月8日閲覧。
  9. ^ My Three Months of Duolingo: "There are 2014 words listed in my Duolingo vocabulary". (http://olimo.livejournal.com/, 2012-09-19)
  10. ^ Duolingo's Data-Driven Approach to Education
  11. ^ Duolingo Effectiveness Study”. unpublished. 2013年8月23日閲覧。
  12. ^ Say what? Duolingo points to data's important role in online education
  13. ^ BBC Languages”. BBC. 2013年8月23日閲覧。
  14. ^ book2 - Learn languages online for free with 100 audio (mp3) files”. Goethe-Verlag. 2013年8月23日閲覧。
  15. ^ Duolingo now translating BuzzFeed and CNN”. Duolingo (2013年10月14日). 2013年11月7日閲覧。
  16. ^ BuzzFeed Expands Internationally In Partnership With Duolingo”. BuzzFeed (2013年10月14日). 2013年11月7日閲覧。
  17. ^ von Ahn, Luis. “Reddit IAmA”. 2013年6月3日閲覧。
  18. ^ Olson, Parmy. “Duolingo Takes Online Teaching To The Next Level, By Crowd Sourcing New Languages”. 2013年9月27日閲覧。
  19. ^ Discussion”. Duolingo. 2013年10月9日閲覧。
  20. ^ Duolingo 'incubator' aims to crowdsource language teaching
  21. ^ English from Russian is now available in beta!
  22. ^ The Duolingo Team”. Twitpic. 2014年1月9日閲覧。
  23. ^ Online Education as a Vehicle for Human Computation”. National Science Foundation. 2014年1月9日閲覧。
  24. ^ Learn a language, translate the web”. NewScientist. 2014年1月9日閲覧。
  25. ^ What language is Duolingo written in? - Quora
  26. ^ Todd, Deborah M. (2012年7月3日). “Ashton Kutcher backs CMU duo's startup Duolingo”. Pittsburgh Post Gazette. http://www.post-gazette.com/stories/business/news/ashton-kutcher-backs-cmu-duos-startup-duolingo-641086/ 2012年7月13日閲覧。 
  27. ^ “The Daily Start-Up: Kutcher-Backed Language Site Duolingo Finds Its Voice”. Wall Street Journal. (2012年6月19日). http://blogs.wsj.com/venturecapital/2012/06/19/the-daily-start-up-kutcher-backed-language-site-duolingo-finds-its-voice/?mod=google_news_blog 2012年7月13日閲覧。 
  28. ^ Duolingo on the go. Our iPhone App is here!”. Duolingo (2012年11月13日). 2012年11月27日閲覧。
  29. ^ Duolingo - Learn Spanish, French, German, Portuguese, and Italian for free”. iTunes App Store. Apple. 2013年4月29日閲覧。
  30. ^ Duolingo brings free language courses to the iPad
  31. ^ Duolingo launching on Android; plans move to bigger office
  32. ^ [1]

外部リンク[編集]