Dr.SLUMP Dr.マシリト アバレちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dr.MASHIRITO ABALEちゃんから転送)
移動: 案内検索
Dr.スランプ アラレちゃん > Dr.SLUMP Dr.マシリト アバレちゃん
Dr.SLUMP
Dr.マシリト アバレちゃん
監督 長峯達也
原作 鳥山明
製作 梅澤淳稔
浅間陽介
出演者 小山茉美
野沢那智
大竹宏
千葉繁
西原久美子
佐藤正治ほか
音楽 ディグ・イット・ア・ゴー
主題歌 HELLO,I LOVE YOU.
撮影 高橋基[1]
編集 後藤正治
配給 東映
公開 2007年3月3日
上映時間 5分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9億円
前作 ドクタースランプ アラレのびっくりバーン
次作 -
テンプレートを表示

Dr.SLUMP Dr.マシリト アバレちゃん』(ドクタースランプ ドクターマシリト アバレちゃん)は、2007年3月3日に公開された東映アニメーション製作のアニメーション映画で、『Dr.スランプ アラレちゃん』の劇場作品。[2]上映時間は5分。

同時上映作品は 『ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』。

ストーリー[編集]

地球征服を企んでいたDr.マシリトの息子・Dr.マシリトJr.が、父がキャラメルマン4号(オボッチャマン)製作時に使ったアラレのX線写真で、アラレに似たアンドロイド・アバレ(ABARE)こと、キャラメルマン23号を作り、アラレ達を倒そうとするが・・。

登場人物[編集]

ここでは今回のゲストキャラクターを挙げる。その他のレギュラーキャラクターは「Dr.スランプの登場人物」を参照。

Dr.マシリトJr.
本作のゲストキャラクター。Dr.マシリトの息子。父親同様、アラレとガッちゃんを倒し、世界征服を企んでいる。顔もDr.マシリトと同じである。キャラメルマン22号・23号(アバレ)の製作者。
アバレ / キャラメルマン23号
本作のゲストキャラクター。マシリトJr.が、父親がキャラメルマン4号(オボッチャマン)を作る際に使ったX線写真を元に作ったキャラメルマン。見た目はアラレそっくりだが、『悪いアラレ』をコンセプトに作られた為に性格は悪であるが、完全な悪ではない。
キャラメルマン22号
マシリトJr.が製作したキャラメルマンだが、物語序盤で、アラレにあっさり空の彼方へぶっ飛ばされた。
宇宙人
地球を侵略するためにやってきた宇宙人。どこの惑星の星人かは不明。『ネコマジン』に登場する宇宙人とそっくりだが別物。生物兵器チョキでアバレに挑むが生物兵器を瞬殺したアバレに恐怖を抱き、地球から逃げた。
生物兵器チョキ
上記の宇宙人が連れてきた生物兵器で、一瞬で地球の4分の1を破壊する力を持つが、アバレを挑発し、アバレに倒される。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

エンディングテーマ[編集]

オープニングテーマはなし。
「HELLO,I LOVE YOU.」
作詞 - サンプラザ中野 / 作曲・編曲 - M・KAWAI

映像ソフト[編集]

  • Dr.スランプ劇場版DVD-BOX SLUMP THE BOX MOVIES 
2008年9月21日東映ビデオより発売。映像特典として収録された。

漫画版[編集]

鳥山明が本作を元に執筆した。「Dr.MASHIRITO ABALEちゃん」というタイトルで、月刊少年ジャンプ2007年4月号に掲載され、漫画の最後には小山茉美野沢那智佐藤正治古川登志夫大竹宏千葉繁のコメントと登場キャラクターの関係図、今までのキャラメルマンシリーズが掲載されている[3]。 単行本にはなっていない。

タイトルの「アバレちゃん」は本作の以前に『ドラえもん』で『Dr.ストップアバレちゃん』という「Dr.スランプ」のパロディーで使われているが[4]、本作とは全く関係ない。中国やイタリアなどでも翻訳されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「デジタル撮影監督」表記
  2. ^ だだし、DVDには映像特典として入っており、「Dr.スランプ」の劇場版の通算には含んではない。
  3. ^ 月刊少年ジャンプ2007年4月号より
  4. ^ てんとう虫コミックス・第31巻15話『まんがのつづき』

外部リンク[編集]