Domus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

domus(ドムス)とは、イタリア建築雑誌

1928年建築家であるジオ・ポンティ(Gio Ponti, 1891年-1979年)により創刊され(1929年には、ジャンニ・マゾッキ(Gianni Mazzocchi, 1906年-1984年、[1])が設立した出版社Editoriale Domusから刊行されることとなった)、21世紀の現在まで刊行が続けられている。建築およびデザインの分野で、世界的に著名な雑誌であり、同分野に対して大きな影響を与え続けている。

この雑誌の主たる編集者としては、マリオ・ベリーニ(Mario Bellini)、ルイジ・スピネリ(Luigi Spinelli)などがいる。

表紙についても、著名なデザイナーや画家が担当している。例えば、ヘルベルト・バイヤー、ハーバート・マター(Herbert Matter, 1907年-1984年)、ポール・ランド(Paul Rand, 1914年-1996年)、マックス・ビル(Max Bill, 1908年-1994年)、パウル・クレールーチョ・フォンタナル・コルビュジエチャールズ・イームズ、ミルトン・グレイザー(Milton Glaser, 1929年-)などである(下記Taschenのページを参照)。

日本国内の図書館で所蔵されているDomus[編集]

  • まず、Domusは、国立国会図書館に所蔵されている。インターネットでも利用できる「書誌検索」[2]の結果によれば、1958年1月号(通巻338号)から1995年12月号(通巻777号)までが所蔵されている。
  • また、東京都現代美術館の美術図書室にも所蔵されている。1994年5月号(通巻760号)以降、欠号は何冊かあるものの、2011年現在も所蔵が継続されている。

参考文献[編集]

  • domus 1928-1999, vol. I-XII (全12巻), Edited by Charlotte & Peter Fiell, Taschen, 6960 pages (580 pages each), ISBN: 3-8228-3027-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • domusweb - 公式サイト(英語、イタリア語)