Decision Points

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Decision Points
著者 ジョージ・W・ブッシュ
発行日 アメリカ合衆国の旗 2010年11月9日
発行元 アメリカ合衆国の旗 Crown Publishers
ジャンル 回想録
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 上製本
豪華限定上製本 (2010年11月30日発行)
並製本 (ランダムハウス Large Print)
eBOOK
Kindle豪華eBOOK (with Audio/Video)
CD (完全版朗読: Ron McLarty, 要約版朗読: G.W.Bush)
オーディオブックダウンロード (完全版朗読: Ron McLarty, 要約版朗読: G.W.Bush)
ページ数 512
前作 A Charge to Keep
公式サイト http://georgewbushdecisionpoints.com
コード ISBN 9780307590619 (上製本)
ISBN 9780307885227 (豪華限定上製本)
ISBN 9780739377826 (並製本)
ISBN 9780307590626 (eBOOK)
ISBN 9780307748676 (CD完全版)
ISBN 9780307748645 (CD要約版)
ISBN 9780307748669 (オーディオブックダウンロード完全版)
ISBN 9780307748652 (オーディオブックダウンロード要約版)
テンプレートを表示

Decision Points (ディシジョン・ポインツ、仮訳: 決断のとき[1][2]、決断の瞬間[3][4])は、元アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュによる2010年発行の回想録である。[5] 元ホワイトハウス演説原稿担当副主任Christopher Michelが研究補佐をした。[5][6][7] この回想録は2010年11月9日にランダムハウスの子会社Crownから発行され、この出版に合わせて米国内のテレビ出演と米国内ツアーが行われている。

ブッシュは初版150万部のために$700万が支払われ[8]、彼の前の大統領ビル・クリントンが回想録 My Life から取得した$1500万の半額未満であると、あるレポートが Decision Points の出版前に示した。[9]

この本の出版と並行して、ブッシュはダラス南メソジスト大学にあるGeorge W. Bush Presidential Centerで11月16日に出版セレモニーの主催を予定している。[10]

反応[編集]

ニューヨーク・タイムズPeter Bakerは、この本のコピーを事前に受け取り、オプラ・ウィンフリーMatt LauerCandy Crowley[10]ラッシュ・リンボー[要出典]とのインタビューとともにこの本の出版が展開した時、ブッシュの政治的地位を評価した。

カニエ・ウェストハリケーン・カトリーナの余波の中で「黒人への配慮がない」ことでブッシュを公然と非難した1人であり、またその後2009 MTV Video Music Awards/Taylor Swiftのエピソードで彼自身が米国内で辱めを受けたが、報道によるとこの本の出版からこの大統領のカトリーナ後の心情をよく理解した後で、「私は本当に人道的な水準で真に [ブッシュと] 強くつながった」と言った。[10] ブッシュは、しかしながら、あるインタビューでウェストの最初のコメントを彼の大統領時代の「最低の瞬間の1つ」と呼び、ウェストはさらに応じた彼の最初の試みに不満であった。[11]

Bakerと同時期に、タイムズのオピニオンページのコラムニストMaureen Dowdはブッシュのその本で繰り返される事例に「不意打ちを受ける」と感じて批判的に焦点を集中したが、その一方で彼の「意思決定は依然望まれる類であり、彼の話術は上手い」と結論付けた。その最終的ポイントを描写するために、Dowdはその本にあるウラジーミル・プーチンが彼の黒いラブラドールコニーを「バーニーより大きく、強く、早い」と自慢した話を記述した。スティーヴン・ハーパーは後に「おどけて [ブッシュに] 注釈した。“あなたは運がいい、彼はあなただけに彼の犬を見せた。”」。[12]

ドイツ連邦首相ゲアハルト・シュレーダーは、「前アメリカ大統領は真実を語っていない」と述べた。シュレーダーは、2003年のイラク侵攻を支持する約束をシュレーダーがしたというブッシュの主張を参照した。シュレーダーは、もしイラク9.11攻撃に関与したことが判明したら、彼はイラクに対する行動を支持するであろうとだけ約束したと答えた。「この関わりは、しかしながら、2002年の間に明らかになったが、間違いであり作られたものであった。」[13]

脚注[編集]

  1. ^ ブッシュ氏回想録、初日22万部 2割は電子版”. 47NEWS (2010年11月11日). 2010年11月15日閲覧。
  2. ^ ブッシュ前米大統領が振り返る世界のリーダーたち”. AFP (2010年11月11日). 2010年11月15日閲覧。
  3. ^ ブッシュ前米大統領が回顧録=大量破壊兵器見つからず「ショック」”. 時事通信 (2010年11月3日). 2010年11月15日閲覧。
  4. ^ プーチン氏の飼い犬自慢、ブッシュ前米大統領が回顧録で披露”. ロイター (2010年11月4日). 2010年11月15日閲覧。
  5. ^ a b “'Decision Points': George Bush's Memoir Coming Soon”. ハフィントン・ポスト. (2010年4月25日). http://www.huffingtonpost.com/2010/04/25/decision-points-book-george-bush_n_551326.html 2010年4月26日閲覧。 
  6. ^ Christopher Michel – President Bush Memoirs Collaborator and Speechwriter”. OneDublin.org (2010年7月8日). 2010年11月10日閲覧。
  7. ^ Curtis, Bryan, "Bush's Ghostwriter", The Daily Beast, 2010年3月9日 1:13 am. 2010年11月7日閲覧。
  8. ^ Simon, Mann (2010年11月11日). “'Man of Steel' barely rates a mention in Bush memoirs”. The Sydney Morning Herald. http://www.smh.com.au/entertainment/books/man-of-steel-barely-rates-a-mention-in-bush-memoirs-20101110-17nrf.html 2010年11月15日閲覧。 
  9. ^ Sheridan, Michael (2010年4月26日). “Former President George W. Bush memoir 'Decision Points' to focus on alcohol abuse, 9/11”. New York Daily News (ニューヨーク・デイリーニューズ). http://www.nydailynews.com/news/politics/2010/04/26/2010-04-26_former_president_george_w_bush_memoir_decision_points_to_focus_on_alcohol_abuse_.html 2010年9月28日閲覧。 
  10. ^ a b c Baker, Peter, "Now Appearing: George W. Bush", 2010年11月6日 (2010年11月7日 p. WK1 NY ed.). 2010年11月7日閲覧。
  11. ^ Itzkoff, Dave, "UPDATED: Kanye West Criticizes ‘Today’ Show for ‘Brutal’ Interview", The New York Times Arts Beat blog, 2010年11月10日, 2:25 pm. 2010年11月10日閲覧。
  12. ^ Dowd, Maureen, "‘Blindsided’: A President’s Story", 2010年11月6日 (2010年11月7日 p. WK9 NY ed.). 2010年11月7日閲覧。
  13. ^ Ex-Chancellor Schröder Says Bush 'Is Not Telling the Truth'”. シュピーゲル・オンライン (2010年11月9日). 2010年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]