Damsel in distress

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Damsel in distress(ダムゼル・イン・ディストレス)は、映画小説などで多用されるキャラクター類型・モチーフである。複数形で表記する場合もある。略称DID意味は「危機に陥る女性」、いわゆる「囚われの姫君」のこと。なお、英語damselは“若い未婚女性”の意。

ホイット・スティルマン監督の2011年公開のアメリカ映画にDAMSELS IN DISTRESS(邦題『ダムゼル・イン・ディストレス バイオレットの青春セラピー』)があるが、これは大学を舞台にし女子大生たちを主人公にしたコメディである。

概要[編集]

神話類型は、アンドロメダ型神話の英雄譚に多く登場する。DIDは若い未婚の女性である場合が多い。英雄が救出する対象としてのモチーフであり、有名な例としては、アンドロメダ(ギリシア神話)、クシナダヒメ日本神話ヤマタノオロチ退治)などがある。この類型は中世物語から現代の小説映画マンガアニメなどにも引き継がれている(典型例として、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』のレイア姫[要出典]、『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリスなど)。ゲームスーパーマリオ』のピーチ姫もこれに当てはまると思われる[独自研究?]

特徴[編集]

こうした女性は若く魅力的で、悪漢怪物異星人などにさらわれ危機に陥ることが多い。多くはその際に拘束具で縛られ、あるいはに入れられ、または監視付きの軟禁状態で自由を奪われていることがほとんどである。救出された場合に主人公と恋に落ちることも少なくない。西部劇などで多く見られたこうしたヒロイン像は、その後の活劇にも様々な形で用いられている。

現実世界でのDID[編集]

DIDは極めて多用される類型であるため、現実世界の事件を重ね合わせてしまうことがしばしば起こる。その典型例はイラク戦争でのジェシカ・リンチ救出劇である。アメリカでは報道が過熱し、DID的なTV映画("Saving Jessica Lynch")が制作される騒ぎまでになった。

フェティッシュとしてのDID[編集]

ゲオルギウスのドラゴン退治

人物類型としてのDamsel in distressおよび、危機に陥った女性と言うシチュエーションに対し、著しい興味を引かれる人々が存在している。

多くの映画やテレビドラマなどでこうした場面が登場するが、ジョン・ウィリーアービング・クロウらが出版した多くのボンデージマガジンボンデージコミックはこうした嗜好をよりフェティッシュなものへと昇華させた。1950年代に彼らの出版した雑誌Bizarre』などには衣服を着たままで拘束される美女(出版規制もありNo Nude No Sexであった)が多く載せられ、Damsel in distressのみを切り出していた。後にビデオデッキが普及し、一般家庭での録画が可能になるとサスペンスドラマなどにおいて、若い女性が人質になる(あるいはなっている)場面を録画してそれだけを集める、などをするマニアも現れた[要検証 ]日本でも少数ながら愛好者が存在している[要検証 ]

関連項目[編集]