DWARF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DWARF とは、広く使われているデバッグ用データフォーマットの規格である。当初ELFと共に設計されたが、オブジェクトファイルのフォーマットとは独立している[1]。名称は "ELF" から発想した駄洒落だが、「Debug With Attributed Record Format の頭字語」という説もある[1]

歴史[編集]

DWARF の最初のバージョンは過剰な容量を必要とするものだったため、様々な符号化手法によって容量を削減した互換性のない DWARF-2 に置き換えられた。当初はすぐには広まらなかった。例えば、サン・マイクロシステムズSolarisへの移行の際にELFを採用したが、従来からある stabs の継続使用を選択し、この組合せを "stabs-in-elf" と称した。Linuxもこれに倣い、DWARF-2 は1990年代末までデフォルトにはならなかった。

2005年12月20日にDWARF 3.0がリリースされ[2]C++の名前空間のサポート、Fortran 90alloctable データのサポート、コンパイラ最適化技法への対応などが追加された。DWARF標準化委員会の委員長 Michael Eager はデバッグ用フォーマットとDWARF-3について Introduction to the DWARF Debugging Format という文書を書いている[1]

2010年6月10日にDWARF 4が発表になった。

構造[編集]

DWARFは Debugging Information Entry (DIE) というデータ構造を使って、変数、データ型、プロシージャなどを表す。DIE にはタグ(例えば、DW_TAG_variableDW_TAG_pointer_typeDW_TAG_subprogram など)と属性(キーと値の対)があり、DIE同士の入れ子が可能で、木構造を形成できる。DIEの属性には同じ木構造上の他のDIEへの参照を格納できる。例えば、変数を表すDIEの属性 DW_AT_type が、その変数のデータ型を表す DIE を指すといった使い方をする。

シンボリックなデバッガは一般に、行番号テーブルとコールフレーム情報テーブルという大きなテーブルを必要とする。記憶領域を節約するため、これらのテーブルは単純な専用有限状態機械用のバイトコード命令列で表される。行番号テーブルはオブジェクトのコードの位置とソースコード上の位置の対応表であり、どの命令が関数プロローグやエピローグに属するかも示す。コールフレーム情報テーブルは、コールスタック上のフレームの位置をデバッガに知らせるものである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Michael J. Eager (2012年4月). “Introduction to the DWARF Debugging Format”. 2013年12月18日閲覧。
  2. ^ “DWARF Version 3 Standard Released” (プレスリリース), Free Standards Group, (2006年1月4日), http://dwarfstd.org/PressRelease.php 2007年6月25日閲覧。 

外部リンク[編集]