DTMB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DTMB (Digital Terrestrial Multimedia Broadcast) は、中華人民共和国香港、およびマカオで採用されている、固定およびモバイル端末の為のデジタルテレビジョン標準。当初、この規格は DMB-T/H (Digital Multimedia Broadcast-Terrastrial/Handheld) などと呼ばれていたが、公式名称はDTMB。

概要[編集]

DTMBは、Academy of Broadcasting Science in 2002 で提案された ADTB-T(上海・上海交通大学が開発)、DMB-T(北京・清華大学による開発)、TiMi (Terrestrial Interactive Multiservice Infrastructure) による標準をマージしたものである。

当初、上海交通大学と清華大学のどちらも、彼ら自身の技術を唯一の標準とする為の政治的な力が十分になく、後方互換の必要性に答える為に二つの標準を加えることを最終決定とし、theTIMI 3 標準に併合した。

DTMBは2004年に作成され、2006年に公式な DTT 標準に確定した

中国国内での状況[編集]

  • 2005年 - 試験開始 [1]
  • 2006年8月18日 - 地上デジタルテレビ標準を正式採用[1]
  • 2008年 地上デジタル放送を開始[1]
  • 2015年-2018年 - 地上アナログ放送停波予定[1]

香港特別自治区内での状況[編集]

  • 2006年8月18日 - 地上デジタルテレビ標準を正式採用[1]
  • 2007年12月31日 - 地上デジタル放送を開始[1]
  • 2015年 - 地上アナログ放送停波予定[1]

マカオ特別自治区内での状況[編集]

  • 2006年8月18日 - 地上デジタルテレビ標準を正式採用[1]

CMMB との比較[編集]

DTMB を採用する国家と領地[編集]

DTT broadcasting systems. Countries using DTMB are shown in red.

アジア[編集]

中東[編集]

北アメリカ[編集]

詳細[編集]

伝統的なテレビジョンサービスの為の基本的な機能と比較して、DTMB は新しい放送システムに利用される追加サービスを許容する。DTMBシステムは、(インドアとアウトドアを含む)固定的な受信能力と、移動体地上デジタルテレビ放送に互換性がある。

  • 移動体受信: 標準デジタルテレビ放送(SD)、デジタル音声放送、マルチメディア放送と、データ放送サービスと互換性がある。
  • 固定受信: 前述のサービスに加えて、高精細度デジタルテレビ放送(HDTV)にも対応する。

変調方式[編集]

変調方式として、シングルキャリアとマルチキャリアの両方式に対応する。

機能面[編集]

この転送システムは、地上波テレビ信号の入力信号を出力データへ変換する。

特徴[編集]

  • ビットレート: 4.813 Mbit/s から 32.486 Mbit/s
  • SD, HD, マルチメディアの複合サービス
  • 柔軟性のあるサービス
  • 時間・周波数領域におけるデータ処理
  • 6-15チャンネルSDと、1または2チャンネルHDの範囲での放送
  • 有線放送と同等品質の受信

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h DTV Status” (2012年5月29日). 2012-12-10 (JST)閲覧。
  2. ^ CNTV English. Retrieved March 21, 2013

参考文献[編集]

外部リンク[編集]