DRIVING EMOTION TYPE-S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DRIVING EMOTION TYPE-S
ジャンル レースゲーム
対応機種 PlayStation 2
開発元 スクウェア
発売元 スクウェア
人数 1~2人
メディア CD-ROM
発売日 2000年3月30日
デバイス DUAL SHOCK 2
ネジコン
テンプレートを表示

DRIVING EMOTION TYPE-S』(ドライビング・エモーション・タイプエス)は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)が2000年3月30日に発売したPlayStation 2レーシングゲームである。同社が初めてPS2用として出したソフトでもある。

ハンドリングがクイック気味であり、少々リアルな挙動をコントローラーで操作するため、グランツーリスモシリーズより難易度が格段に高く人を選ぶが、発売当時はグランツーリスモ3の発売前であり、(グランツーリスモ3でも再現できなかった)登場車種の内装を完全再現したドライバーズ視点(インパネ類)などが話題となった。また、日本の自動車メーカーの他にアルファロメオポルシェフェラーリ、果ては全日本GT選手権(現SUPER GT)のマシンなどを収録している。

コースは、鈴鹿サーキット筑波サーキットの実在サーキットなどをはじめ、高速道路のクローズドコース、ダートコースなどが収録されている。BGM等は細江慎治が担当。

外部リンク[編集]