DMFフォーマット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DMFフォーマット (Distribution Media Format)は、マイクロソフトソフトウェアの配布用に開発したフロッピーディスクフォーマットである。3.5インチのディスクに、標準的な1440 KBより多い1680 KBのデータを保存することができた。DMF形式のディスクを読み書きするにはソフトウェアに特別なサポートが必要なので、ソフトウェアのコピーが難しくなるという効果もあった。最初にDMFで配布されたマイクロソフトのソフトウェアは、Office 4.xの"c"リビジョンである。CABファイルを使用した最初のソフトウェア製品でもあった。

DMFと標準的な1440 KBの比較を下に示す:

1440 KB DMF
トラック数 80 80
1トラックあたりのセクタ 18 21
クラスタサイズ 512 バイト 1024 バイト または 2048 バイト
ルートディレクトリエントリ 224 16


外部リンク[編集]