DC-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DC-1

トランスコンチネンタル・アンド・ウエスタン・エアのDC-1

トランスコンチネンタル・アンド・ウエスタン・エアのDC-1

ダグラス DC-1(Douglas DC-1)は、アメリカのダグラス・エアクラフト社が開発した12座席の旅客機である。1機だけが製作された。この原型機をもとに機体が延長されて14座席とされた機体がDC-2として200機ほど量産された。さらに機体サイズを拡大して21座席とされたDC-3は第二次世界大戦で輸送機としても使われ、1万機以上が生産されることになった。

開発の経緯[編集]

運用の経緯[編集]

DC-1の初飛行は1933年7月1日に行われた。半年にわたる試験中に試験飛行と、フォード トライモーターやフォっカー旅客機を使用している航空会社に対するデモ飛行を200回以上行った。13時間5分のアメリカ大陸横断飛行記録をつくった。トランス・ワールド航空はエンジンを強化し14座席に改造した量産型を20機注文し、これがDC-2となった。

1938年7月15日、原型機のDC-1はイギリスのフォーブス卿に販売し、しばらく使われた後、同年10月フランスを経由してスペインの航空郵便会社Líneas Aéreas Postales Españolas (L.A.P.E.) に売却された。その後スペイン共和国空軍の輸送機として使われ[1] 、1939年7月から、イベリア航空Negron号として運用されたが、1940年12月にマラガに不時着し、修理不能となり廃却された[2]

諸元(DC-1)[編集]

  • 乗員: 2
  • 乗客: 12
  • 全長: 18.29 m
  • 翼幅: 25.91 m
  • 全高: 4.88 m
  • 翼面積: 87.5 m2
  • 空虚重量: 5,343 kg
  • 運用時重量: 7,938 kg
  • 動力: ライト SGR-1820-F3 9気筒星型エンジン 710 hp (530 kW) × 2
  • 最高速度: 338 km/h
  • 巡航速度: 306 km/h (高度8,000ft)
  • 航続距離: 1,610 km
  • 出典:[3]

参考文献[編集]

  1. ^ "Aircraft that took part in the Spanish Civil War." Aircraft of the Spanish Civil War (zi.ku). Retrieved: February 4, 2011.
  2. ^ Gradidge, Jennifer M., ed. DC-1, DC-2, DC-3: The First Seventy Years. Tonbridge, Kent, UK: Air-Britain (Historians), Two volumes, 2006. ISBN 0-85130-332-3.
  3. ^ Gradidge, Jennifer M., ed. DC-1, DC-2, DC-3: The First Seventy Years. Tonbridge, Kent, UK: Air-Britain (Historians), Two volumes, 2006. ISBN 0-85130-332-3