DAF・44

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DAF・44
1975 DAF 44.jpg
製造国 オランダの旗 オランダ
販売期間 1966年 - 1974年[1]
デザイン ジョバンニ・ミケロッティ
ボディタイプ 2ドア・セダン
エンジン 空冷エンジン 水平対向 2気筒 844 cc ガソリン
変速機 ヴァリオマチック
駆動方式 FR
全長 3,848mm
全幅 1,537mm
全高 1,391mm
ホイールベース 2,248mm[2]
車両重量 724kg
燃料タンク容量 40 L
後継 DAF・46[1]
-自動車のスペック表-

DAF・44は、オランダの自動車会社DAF1966年9月[2]に発売した小型のファミリーカーである。ジョバンニ・ミケロッティによりデザインされたこの車は、DAFがそれまで生産していたより小型で低速のダフォディル(Daffodil、44が導入されると車名の系列を統一するためにDAF・33と改称)から慎重に上級の乗用車市場に移行しようとしていることを表していた。

2気筒エンジンは、より低出力のDAF33の運転者には馴染みのもので85.5mmのボアは元のままであった[3]。しかしストロークは73.5mmに拡大され、排気量が746ccから844ccへ、出力が28英馬力から34英馬力へと大きくなっていた[3]圧縮比は低オクタン・ガソリンが使用できるように低く抑えられていた。

制動力は車の鷹揚な性能に見合った全輪ドラムブレーキであった[3]

当時の車としては画期的な装備としてダッシュボード上に調節可能な吹き出し口を持つフェイスレベルの換気装置を備えていた[3]

エンジンが比較的小型だったためスペアタイヤは前のボンネットの下に収納されており、これにより後部のトランク容積を稼ぐことができた[4]

その他のDAF車と同様にDAF・44は革新的な無段変速機のヴァリオマチック(Variomatic)を搭載していた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 44”. Models. Classic Daf. 2007年4月24日閲覧。
  2. ^ a b Cardew, Basil (1966). Daily Express Review of the 1966 Motor Show. London: Beaverbrook Newspapers Ltd. 
  3. ^ a b c d Charles Bulmer (Ed) (23 August 1969). “Group Test No. 14:Automated babies”. Motor (nbr 3505): pages 32–37. 
  4. ^ “Autocar Road test DAF 44 844 cc”. Autocar 127 (nbr 3728): pages 17–21. (23 July 1967). 

関連項目[編集]