D-18T (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D-18T
D-18T
要目一覧
種類 ターボファンエンジン
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ウクライナの旗 ウクライナ
製造会社 イーウチェンコ-プログレース
最初の運転 1980年
主な搭載機 アントノフ An-124
アントノフ An-225
形式 ターボファンエンジン (バイパス比5.7)
全長 5.4 m (212.6 in)
ファンの直径 2.33 m (91.73 in)
重量 4,100 kg (9,039 lb)
圧縮機 軸流式
推力 23,430 Kgf; 51,655 lbf (229.77 kN)
燃料消費 0,546 kg/kg h
生産台数 188基[1]

D-18Tは、ソビエト連邦初の推力20 000 kgf(~44,000 lbf または ~196 kN)を超える3軸式高バイパスターボファンエンジンで大型輸送機の為に開発された。

概要[編集]

ファンリバーサを備える。モジュラー式エンジンで各部を交換できる。1979年12月に実物大のエンジンが製造された。最初の飛行は1982年3月、Il-76LL試験機によって行われた。同年、12月24日An-124が初飛行した。D-18Tの生産は1997年に終了して2002年から改良型のシリーズ3が生産される。

設計と開発[編集]

イーウチェンコ-プログレース機械製造設計局で開発された。1984年からザポリージャモトール・シーチ工場で生産された。ウクライナの大型輸送機An-124 ルスラーンAn-225 ムリーヤに使用される。

  • 1980年9月19日 - 実物大エンジンの始動
  • 1982年12月24日 - An-124が初飛行
  • 1985年12月19日 – 公式地上試験に合格

現在、188基のD-18Tエンジンが運用中で、総飛行時間は100万時間を越える。

搭載機[編集]

仕様[編集]

項目 データ
D-18Т D-18Т シリーズ 3 D-18Т シリーズ 4
最大離陸時 (N=0, Мn=0, ISA)
推力 25830 kg
離陸時 (N=0, Мn=0, ISA)
推力 23430 kg 23430 kg 23430 kg
最大巡航時 (N=11000 м, Мn=0,75, ISA)
推力 4860 kg 5000 kg 5100 kg
燃料消費 0,546 kg/kg h 0,561 kg/kg h 0,578 kg/kg h
バイパス比 5,6 5,6 5,6
外形寸法
外形 5400×2937×2792 mm
乾燥重量 4100 kg
整備間隔 1250 h 24000 h

一般的特性

  • 形式: 3軸式高バイパスターボファン
  • 全長: 5.4 m (212.6 in)
  • 全幅: 2.93 m (115.6 in)
  • 全高: 2.79 m (109.9 in)
  • ファン直径: 2.33 m (91.73 in)
  • 直径:
  • 乾燥重量: 4,100 kg (9,039 lb)

構成要素

  • 圧縮機: 7段中圧圧縮機, 7段軸流式高圧圧縮機
  • 燃焼器: アンニュラー式燃焼器
  • タービン: 高圧単段タービン, 中圧単段タービン, 低圧4段タービン

性能

  • 推力: 23,430 Kgf; 51,655重量ポンド (229.77 kN)
  • 全圧縮比: 27.5
  • バイパス比: 5.7
  • タービン入口温度: 1,600°K (1,327°C; 2,420°F)
  • 推力重量比: Approx 5.7:1


[2][3] [4][5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]