D線上のアリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

D線上のアリス』(ディーせんじょうのアリス)は、伊原士郎による日本漫画作品。『月刊ガンガンWING』(スクウェア・エニックス)にて連載された。単行本は全4巻。

あらすじ[編集]

ある日、死神であるラパンが地上に降りてきた。ラパンは仮の体として骸骨に入る予定だった。しかし、ひょんな事でアリスという少女の身体に誤って入ってしまい、代わりにアリスが骸骨の体に入ってしまう。

登場人物[編集]

ラパン
この作品の主人公。死神の時からかなりの女好きで、アリスの体に入ってからも好き放題をしている。
アリス
名門女子校に通うお嬢様。淑やかな性格だったが、骸骨の体に入ってから次第に凶暴化していく。
鶴亀梅之助
死神でラパンの同僚。男だがラパンに好意を抱いており、ラパンに会うために人間界に降りてきた。

外部リンク[編集]

  1. ISBN 978-4-7575-1397-6
  2. ISBN 978-4-7575-1511-6
  3. ISBN 978-4-7575-1637-3
  4. ISBN 978-4-7575-1688-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]