D・B・ワイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D・B・ワイス
D. B. Weiss
D. B. Weiss
本名 Daniel Brett Weiss
生年月日 1971年4月23日(43歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ
職業 小説家、脚本家、ディレクター、プロデューサー

ダニエル・ブレット・ワイスDaniel Brett Weiss, 1971年4月23日[1] - )は、アメリカ合衆国の小説家脚本家ディレクタープロデューサーである。2003年にコンピュータゲームを題材とした小説『ラッキー・ワンダー・ボーイ英語版』で作家デビューする。デイヴィッド・ベニオフと共に活動しており、2011年からは2人でジョージ・R・R・マーティンの小説を原作としたHBOのテレビシリーズゲーム・オブ・スローンズのプロデューサーおよびショーランナーを務めている。

生い立ちと学歴[編集]

イリノイ州シカゴで生まれ育つ。ウェズリアン大学を卒業し、ダブリン大学トリニティ・カレッジでアイルランド文学の Master of PhilosophyIowa Writers' Workshop でクリエイティブ・ライティングの Master of Fine Arts を取得した[2]

キャリア[編集]

小説家[編集]

2003年に処女作『ラッキー・ワンダー・ボーイ』を発表する。

脚本家・ディレクター・プロデューサー[編集]

2003年にワイスは大学以来の友人であるデイヴィッド・ベニオフと共に[3]ウォルフガング・ペーターゼンが監督予定であったオースン・スコット・カードの小説『エンダーのゲーム』を原作とした映画の新脚本執筆のために雇われた[4]。しかしながらこの脚本は結局使われなかった[5]

ワイスはジョシュ・オルソン英語版と共にアレックス・ガーランド英語版が執筆したバンジーのコンピュータゲーム『HALO』の映画脚本の書き直しのために雇われ、2006年に完成させたが[6][7]、2007年に監督のニール・ブロムカンプはプロジェクトの中止を発表した[8]

他に『アイ・アム・レジェンド』の続編の脚本にも取り組んでいたが[9]、プロジェクトは中止された。2011年5月にフランシス・ローレンスはもう続編が実現しないだろうと述べた[10]

2011年からはジョージ・R・R・マーティンの小説を原作としたテレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』でベニオフと共に脚本・製作総指揮を務めている[11]。二人は大部分のエピソードの脚本を担当するとともに、一部のエピソードの監督も務めている。

2014年4月10日、ベニオフと共同でスティーヴン・ハンターの小説『ダーティーホワイトボーイズ』の映画化の製作、脚本、監督を務めることが発表された。

受賞とノミネート[編集]

結果 部門 作品 備考 出典
2011 ノミネート プライムタイム・エミー賞 ドラマシリーズ賞 ゲーム・オブ・スローンズ 他8名のプロデューサーと共同 [12]
ノミネート ドラマシリーズ脚本賞 ゲーム・オブ・スローンズ デイヴィッド・ベニオフと共同 [12]
2012 受賞 ヒューゴー賞 長編映像部門 ゲーム・オブ・スローンズ 他8名の脚本家・監督と共同 [12]
ノミネート プライムタイム・エミー賞 ドラマシリーズ賞 ゲーム・オブ・スローンズ 他9名のプロデューサーと共同 [12]
ノミネート PGA賞英語版 テレビドラマエピソード製作者賞 ゲーム・オブ・スローンズ キャロライン・ストラウス英語版、フランク・ドールガー、デイヴィッド・ベニオフ、マーク・ハッファムと共同 [12]
ノミネート WGA賞 新シリーズ賞 ゲーム・オブ・スローンズ ブライアン・コグマン英語版ジェーン・エスペンソン英語版ジョージ・R・R・マーティン、デイヴィッド・ベニオフと共同 [12]
受賞 SFX賞 新番組賞 ゲーム・オブ・スローンズ 他のキャスト・スタッフと共同 [12][13]
ノミネート テレビ番組賞 ゲーム・オブ・スローンズ 他のキャスト・スタッフと共同 [12]
受賞 モンテカルロ・テレビ祭 ドラマシリーズ国際プロデューサー賞 ゲーム・オブ・スローンズ デイヴィッド・ベニオフ、フランク・ドールガー、キャロライン・ストラウスと共同 [12][14][15]
2013 ノミネート PGA賞 テレビドラマエピソード製作者賞 ゲーム・オブ・スローンズ フランク・ドールガー、キャロライン・ストラウス、バーナデッテ・コールフィールド英語版、デイヴィッド・ベニオフと共同 [12]
ノミネート WGA賞 ドラマシリーズ賞 ゲーム・オブ・スローンズ デイヴィッド・ベニオフ、ジョージ・R・R・マーティン、ブライアン・コグマン、ジェーン・エスペンソンと共同 [12]

参考文献[編集]

  1. ^ D.B. Weiss Biography”. StarPulse. 2013年10月11日閲覧。
  2. ^ Lucky Wander Boy”. 2011年2月22日閲覧。
  3. ^ Game of Thrones: Interview with David Benioff and D.B. Weiss”. HBO. 2013年3月23日閲覧。
  4. ^ DB Weiss talks Halo”. Writerswrite.com (2006年7月19日). 2011年2月22日閲覧。
  5. ^ Card talks Ender's Game movie”. IGN Entertainment, Inc. (2007年4月18日). 2009年1月1日閲覧。
  6. ^ Miller, Ross (2006年7月14日). “DB Weiss takes on Halo script”. Joystiq. 2011年2月22日閲覧。
  7. ^ Fritz, Ben (2006年10月31日). “No home for Halo pic”. Variety. 2007年10月20日閲覧。
  8. ^ Farrell, Nick (2007年10月9日). “Halo movie canned”. The Inquirer. 2008年5月30日閲覧。
  9. ^ I Am Legend prequel in the works”. UPI.com (2008年9月26日). 2011年2月22日閲覧。
  10. ^ Exclusive: 'I Am Legend Prequel' is Dead, Says Francis Lawrence”. MTV Movies blog (2011年5月3日). 2011年8月11日閲覧。
  11. ^ Fleming, Michael (2007年1月16日). “HBO turns Fire into fantasy series”. Variety. 2011年2月22日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k D.B. Weiss: Awards”. Internet Movie Database. 2013年3月23日閲覧。
  13. ^ SFX awards 2012: The Winners”. SFX (2012年2月4日). 2013年3月23日閲覧。
  14. ^ Golden Nymphs Awards Listing, 2012”. Monte-Carlo Television Festival (2012年6月14日). 2013年3月23日閲覧。
  15. ^ HBO's Game of Thrones, Game Change Win Top Prizes at Monte Carlo TV Festival”. The Hollywood Reporter (2012年6月14日). 2013年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]