Cz52

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ceska zbrojovka 52
Cz52 from en wiki.jpg
Cz52
Ceska zbrojovka 52
種類 半自動式拳銃
製造国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
設計・製造 チェスカー・ズブロヨフカ国営会社
年代 20世紀中ごろ
仕様
口径 7.62mm
銃身長 120mm
使用弾薬 7.62×25mm トカレフ弾
装弾数 8+1発
作動方式 ショートリコイル(シングルアクション)
全長 209mm
重量 950g
銃口初速 500m/s
有効射程 50m
歴史
設計年 1952年
製造期間 1952年~1982年
配備先 チェコスロバキア軍
製造数  約200,000挺
テンプレートを表示

Cz52(Ceska zbrojovka Model 52)は、1952年チェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語 : Česká zbrojovka, n.p.:ČZ)で開発された自動拳銃である。

トカレフの使用弾である7.62mm×25弾を使用し、ローラーロッキング機構を利用したショートリコイル方式で作動する。このローラーロックはH&Kのものと違い、MG42機関銃のようなフルロックであったという。

1982年にCz82の登場までチェコスロバキア軍に制式採用されていた。制式拳銃から外された後は、冷戦終結後の1990年代以降、放出品として民間市場に出回ることとなった。

関連項目[編集]