Cyrus IMAP server

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cyrus IMAP server
開発元 カーネギーメロン大学
最新版 2.4.17 / 2012年12月1日(18か月前) (2012-12-01[1]
プログラミング言語 C言語
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 メール転送エージェント
ライセンス GNU General Public License
公式サイト http://www.cyrusimap.org/
テンプレートを表示

Cyrus IMAP server(サイラス・アイマップ・サーバまたはキュロス・アイマップ・サーバ)は、カーネギーメロン大学(CMU)で開発されたIMAPに準拠したオープンソース電子メールおよびネットニュースサーバ・プログラム群である。

もともとCMUの学内用メッセージングシステムとして開発された独自規格のAndrew Messaging System(AMS)をベースに、標準規格への対応・大規模システムでの運用を想定した実装を行うため、1994年にCyrus Projectとしてスタートした。現在ではIMAPIMAPSPOP3POP3SNNTPTLSなどに対応しており、外部データベースを利用した認証やアクセス制御リスト(ACL)、メールボックス記憶域のクォータ、クラスタ構成をサポートするなど大規模運用を意識した拡張を積極的に採り入れている。

また、Simple Authentication and Security Layer|SASL認証フレームワークの事実上の標準実装であり、同じCyrus Projectにより開発・保守されているCyrus SASLライブラリと親和性が高いのも特徴の一つである。

Mac OS X 10.5までのOS X Server|Mac OS X Server で標準採用されていた(Mac OS X 10.6よりDovecotに変更された)。

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト”. 2012年12月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]