Connected Device Configuration

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Java Platform, Micro Edition > Connected Device Configuration

Connected Device Configuration (CDC)はPDA、セットトップボックスのような中程度の処理能力を持った組み込みJava ME向けのフレームワークである。CDC は Java Community Processの下でJSR 36 (CDC 1.0)およびJSR 218 (CDC 1.1)として規定されている。

典型的な必要条件[編集]

32ビットCPU、2MBのメモリおよび2.5MBのROM

プロファイル[編集]

CDCに基づいた3つのプロファイル

  • Foundation Profile
    • Java SEのような API
    • GUIがない
  • Personal Basis Profile
    • Foundation Profileの拡張版
    • 軽量なGUIのサポート
  • Personal Profile
    • Personal Basis Profileの拡張版
    • 完全なAbstract Windowing Toolkit(AWT)およびアプレットのサポート
    • PersonalJavaベースのアプリケーションが移植しやすい。

外部リンク[編集]