Colorless green ideas sleep furiously

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"Colorless green ideas sleep furiously." のXバー表記。句構造規則も参照。

"Colorless green ideas sleep furiously"(直訳: 無色の緑色の考えが猛烈に眠る)とは、ノーム・チョムスキーによる文である。1957年に『文法の構造』の中で、言語学から、文法的(統語論的)には正しいにもかかわらず、意味論的にはnonsenseである(en:nonsense、意味をなさない)文の例として考案された。初出は1955年の論文『言語理論の論理構造』(Logical Structures of Linguistic Theory)である。この文は文法的には正しいが、理解しうる明瞭な意味を導き出すことができない。従ってこの文は統語論意味論との境界を明示している。カテゴリー錯誤の一例として、当時有力だった文法の確率モデルの不備を指摘し、より体系的なモデルの必要性を示すために使われた。

詳細[編集]

全文は以下の通り:

  1. Colorless green ideas sleep furiously.
  2. *Furiously sleep ideas green colorless.

It is fair to assume that neither sentence (1) nor (2) (nor indeed any part of these sentences) has ever occurred in an English discourse. Hence, in any statistical model for grammaticalness, these sentences will be ruled out on identical grounds as equally "remote" from English. Yet (1), though nonsensical, is grammatical, while (2) is not grammatical.

試訳:

  1. 無色の緑色の考えが猛烈に眠る。
  2. (非文)猛烈に眠る考え緑色の無色の。

文(1)も(2)も(この2文のどの部分も共通)英語の談話にかつて現れたことはないと仮定することは妥当であろう。ゆえにいかなる文法性の統計手法でも、英語から"離れている"という同一の理由で、この2文は認められないだろう。しかし文(1)は馬鹿げていても文法的であり一方で文(2)は文法的には不適格。 [1]

この文が無意味であることがチョムスキーの論点の基盤だと思われがちであるが、チョムスキーはこの文がかつて一度も喋られていないことを当てにしていただけである。よって、誰かが適当で無理のない意味を与えようとも、この文を単独もしくは何かと組み合わせて口にするのは初めてなのにもかかわらず、この文の文法性は明確である。そしてこれは人間の発話機関がマルコフ連鎖や連続する語の単純統計といった統計モデルに基づくという見解への反例に用いられた。

意味をなす解釈の試み[編集]

この文は多義性を通じて解釈しうる。greenもcolorlessも比喩的な意味を持ち、colorlessを「地味な」、greenを「未熟な」との意味で受け取ることが可能である。 その結果「特徴のない幼稚な考えは暴力的な悪夢を持つ」と解釈でき、比較的分かりやすくなる。特にgreenを「出来たばかりの」として、sleepを比喩的に「精神もしくは言葉の休眠」として捉えると論理的な意味も持ちうる。「出来たての平凡な思いつきを腹立たしくは言い表せない」という文が同義となろう。

文脈を通じてこの文に意味を与えようと作家らは試みてきた。この文を成り立たせる文脈を最初に作ったのは中国人言語学者の趙元任である[2] 。1985年にはスタンフォード大学で文学コンテストが開催され、出場者は100語以内の散文かもしくは14行の韻文を使ってチョムスキーの文に意味を与えることが求められた[3]。以下に挙げるものはC・M・ストリートによる出場作品例である。

It can only be the thought of verdure to come, which prompts us in the autumn to buy these dormant white lumps of vegetable matter covered by a brown papery skin, and lovingly to plant them and care for them. It is a marvel to me that under this cover they are labouring unseen at such a rate within to give us the sudden awesome beauty of spring flowering bulbs. While winter reigns the earth reposes but these colourless green ideas sleep furiously.
(試訳)秋になると褐色の薄皮に覆われた休眠状態の白い球根を購入し、愛情を込めて埋め、世話をしたくなるのは、萌え出る新緑を想うからに他ならない。驚きだが皮の下で球根は、春になるとすぐに咲き誇れるよう人知れず努力を重ねているのだ。冬が猛威を振るうなか地面は静まり返っているが、この色のない緑の想いは活発に眠っている。

統計学的課題[編集]

ペンシルバニア大学のフェルナンド・ペレイラは単純統計マルコフモデルを大量の新聞記事に当てはめ、このモデルでは"Furiously sleep ideas green colorless"が"Colorless green ideas sleep furiously"と比べおよそ20万倍現れにくいことを明らかにした。[4]

この統計モデルは類似度測定基準を定義し、その基準により、ある点でコーパス内の文に比較的類似した文は、より類似度が低い文よりも高い値が代入される。ペレイラのモデルは同じ文でも統語的に正しい形より非文法的な物により低い可能性を割り当てた。このことから統計モデルは文法性の特質を最低限の言語学的仮定で記憶させることが可能であると証明した。しかし、あらゆる非文法的な文にあらゆる文法的な文に比べて低い可能性を割り当てるかは不明である。つまり"colorless green ideas sleep furiously"は依然として統計上ほかの非文法的な文と比べ英語から"離れている"可能性がある。これについて、全ての英語の文法的な文と非文法的な文を区別することのできる文法理論は現時点では存在しない。

関連例・類例[編集]

この文よりも古い同じような例文が少なくとも1つ、恐らくもっと多く存在する。先駆的フランス人統語論者のルシアン・テニエールは"Le silence vertébral indispose la voile licite"(直訳: 脊椎の沈黙は合法的な帆を不能にする)というフランス語の文を考案した。

優美な屍骸ゲーム(1925年)は無意味な文を生成する方法である。この名前は最初に作られた文"Le cadavre exquis boira le vin nouveau" (優美な死骸は新しいワインを飲むだろう)に由来する。

広く普及しているゲームのマドリブ(Mad Libs)では、選ばれたプレーヤーは他のプレーヤーに文脈の情報は与えずに品詞を挙げてもらう(例えば「何か固有名詞を言って」、「何か形容詞を言って」のように)。その言葉はあらかじめ作られていた文に挿入される。その文は正しい文法構造を備えているが、部分的に語が抜けている。このゲームの面白さは文法的だが意味がなかったり、馬鹿げていたり、(「やかましいサメ」と「執拗な高利貸」との2つの意味に取れるloud sharksのように)曖昧であったりする文を作り出すところにある。しばしばこのゲームではダブル・ミーニングも出来上がる。

この文に似た、より古い例があるのは疑いないがなく、ことによると言語文学の哲学から存在するかもしれない。だが焦点が主に際どい事例だったことを考慮すると、必ずしも論争にならないものではない。例えば論理実証主義者は"形而上学的な"(すなわち経験的には立証不可能な)発言は断じて無意味であると考えた。例えばルドルフ・カルナップは自身の論説で、マルティン・ハイデッガーの著作のほぼ全ての文は文法的には正しいけれども無意味だと論じた。当然ながら論理実証主者でない哲学者の幾人かはこの考えに異議を唱えた。

哲学者バートランド・ラッセルは同様の主張をすべく"Quadruplicity drinks procrastination"(直訳: 四重性は先延ばしを飲む)という文を使った。 ウィラード・ヴァン・オーマン・クワインはラッセルに反論した。ある文が偽であることはその文が真でないに過ぎず、四重性は何も飲まないため、無意味なのではなく単に偽であることが理由である。

テニエールやチョムスキーの例のようなものは全く議論の的にならぬほど馬鹿げており、チョムスキーの例は群を抜いて最も有名である。

ジョン・ホランダーは自著"The Night Mirror"(夜の鏡)の中で"Coiled Alizarine"(コイル状のアリザリン)という名の詩を書いている。その詩はチョムスキーの文で終わる。

クライヴ・ジェイムズは自著"Other Passports: Poems 1958-1985"(他の旅券: 詩集1958-1985年)の中で"A Line and a Theme from Noam Chomsky(ノーム・チョムスキーからの詩行と主題)と題した詩を書いた。チョムスキーの2番目の無意味な文で始まり、ベトナム戦争を論じている。

別のアプローチとして、統語論的に正しく容易に構文を解析できる文をナンセンスな語を用いて作り出す方法がある。広く知られた例に「ゴスタクはドッシュをディスティムする」がある。文学効果を狙ったものであるが、ルイス・キャロルジャバウォックの詩もこの手法を使っていることで有名である。ロシアの言語学の文脈ではグローカヤ・クーズドラの例も知られている。

古い日本の例としては、万葉集に、「吾妹子(わぎもこ)が額(ぬか)に生(お)ひたる双六(すぐろく)の牡牛(ことひのうし)の鞍の上の瘡(かさ)」(私の愛しい女の額に生えた双六のような、牡牛の鞍の上の腫れ物)、「吾が背子が犢鼻(たふさき)にする円石(つぶれし)の吉野の山に氷魚(ひを)ぞ下がれる」(私の愛しい男が褌にしている丸い石のように、吉野の山に鮎の稚魚がぶら下がっている)という歌がある(巻16: 3838, 3839)。これは、ナンセンスな歌を作った者に褒美を与えるという舎人親王の命令に対して、大舎人安倍朝臣子祖父(あべのあそみこおぢ)という人物が献上したものである。文法上も和歌の形式上も問題なく正しいが、ナンセンスである。

その他の議論の余地のある"無意味な発話"としては、意味をなし文法的でもあるが、実世界の現状に指示内容が存在しないようなものがある。「フランス国王は禿げ頭だ」のような文である。それは今日フランスに国王は存在しないからである(確定記述を参照)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ チョムスキー, ノーム (1957年). 文法の構造. ハーグ/パリ: ムートン社. p. 15. ISBN 3-11-017279-8. 
  2. ^ 趙, 元任. “Making Sense Out of Nonsense(無意味な言葉に意味を見出す)”. The Sesquipedalian(長大語)、第7巻32番(1997年6月12日). 2006年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年8月30日閲覧。
  3. ^ LINGUIST List 2.457” (1991年9月3日). 2007年3月14日閲覧。
  4. ^ ペレイラ, フェルナンド (2000年). “Formal grammar and information theory: together again?(形式文法と情報理論: 再び一緒に?)”. フィロソフィカル・トランザクションズ 358巻 (1769号): p.1239–1253. http://www.cis.upenn.edu/%7epereira/papers/rsoc.pdf . Language Logにあるこの投稿も参照。

関連項目[編集]