粗空間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Coarse空間から転送)
移動: 案内検索

数学の一分野coarse幾何学(: coarse geometry; 粗い幾何学粗幾何学)におけるcoarse空間: coarse space; 粗い空間粗空間)とは空間の大規模構造に関する情報を取り出した構造の一つであるcoarse構造(: coarse structure; 粗い構造粗構造)を備えた空間である。 伝統的な位相空間論では近傍系連続性などの小規模構造を問題にしてきたのと対照的にcoarse幾何学では(非)有界性や漸近挙動などの大規模構造を問題にする。 coarse構造は距離構造の一般化の一つであり、位相構造ではなく一様構造の大規模構造に関する類似物といえる(位相構造の類似物に当たるのはbornologyといわれる)。

定義[編集]

集合 X直積 X\times X部分集合からなる {\mathcal E} が、条件

  1. X の対角線集合 \Delta_X = \{(x, x)\in X\times X: x \in X\}{\mathcal E} に属す。
  2. EF{\mathcal E} に属すとき、その合併 E\cup F{\mathcal E} に属す。
  3. EF{\mathcal E} に属すとき、その合成 E\circ F:=\{(x,z)\in X\times X:\exist y\in X, (x,y) \in E, (y,z) \in F\}{\mathcal E} に属す。
  4. E{\mathcal E} に属すとき、その部分集合 F ( \subseteq E ) も {\mathcal E} に属す。
  5. E{\mathcal E} に属すとき、その E^{-1}:=\{(y,x)\in X\times X:(x,y) \in E\}{\mathcal E} に属す。

を満足するとき、(X,{\mathcal E})X を台集合、 {\mathcal E}coarse構造(又は近縁系(system of entourages))とするcoarse空間という (coarse構造は {\mathcal P}(X\times X) 上のイデアルとなっている。)

以下混乱の恐れがないときはcoarse空間 (X,{\mathcal E})X と書く。 coarse構造 {\mathcal E} の元をcoarse空間 X制御集合(controlled sets)または近縁(entourages)という。

coarse構造 {\mathcal E} が同じ台集合上の別のcoarse構造 {\mathcal F} よりも細かいとは、 {\mathcal F}\subseteq {\mathcal E} となることをいう。このとき {\mathcal F}{\mathcal E} よりも粗いという。

coarse空間 X の近縁 E と その部分集合 A ( \subseteq X ) に対し AE-近傍 E(A)E(A):=\{x\in X:\exist a\in A, (x,a) \in E\} と定義される。同様に一点 x\in XE-近傍を E(x):=E(\{x\}) と定義する。


典型的な状況では、近縁は X\times X 上で対角線 y = x から一定の近さに存在し、近縁を垂直に切った断面として得られる近傍はその集合が中心から有界な範囲に収まっていることを示している。

近縁 E対称であるとは、(x,y) \in E ならば必ず (y,x) \in E であることをいう。

条件 1 は一点集合は有界であることを、 条件 2 は中心を共有する有界集合の合併は再び有界であることを、 条件 3 は有界集合から一定の範囲内は再び有界になることを、 条件 4 は有界集合の部分集合は再び有界であることを、 条件 5 は近縁は本質的に対称であることを、 それぞれ表している。


coarse構造のイデアル基基本近縁系 (fundamental system of entourages) という。すなわちcoarse構造 {\mathcal E} の部分集合 {\mathcal B} が基本近縁系とは、{\mathcal E} の各元に対してそれを含むような {\mathcal B} の元がとれるようなものをいう。上述の条件 4 によって、基本近縁系 {\mathcal B} が与えられればcoarse構造 {\mathcal E} は ( {\mathcal B} の元を含むような X\times X の部分集合全体のなす集合族として)一意的に定まる。任意のcoarse構造は、対称かつ対角線を含む近縁からなる基本近縁系を持つ。


代表的なcoarse構造として、距離空間 を考えよう。距離空間 (X,d) に対し、 \Delta_r:=\{(x,y)\in X\times X:d(x,y)\leq r\} からなる集合族 \{\Delta_r:r>0\} は、 X の標準的なcoarse構造(有界coarse構造)に関する基本近縁系をなす。この時、x\in X\Delta_r-近傍とはxを中心とした半径 r閉球のことである。

一様有界[編集]

集合族 {\mathcal V} に対し \Delta_\mathcal{V}\Delta_\mathcal{V}:=\bigcup_{V\in \mathcal{V}}V\times V と定義する。 coarse空間 X 上の集合族 {\mathcal V} に対し、\Delta_\mathcal{V} がそのcoarse構造に関する近縁となる時 {\mathcal V}一様有界であるという。

集合族 {\mathcal U} が集合族 {\mathcal V}細分であるとは、各 U\in{\mathcal U} に対して、 ある V\in{\mathcal V} が存在して U\subseteq V となることをいう。


\Theta をcoarse空間 X 上の一様有界な集合族からなるクラスとする。この時 \Theta は以下の条件を満たす。

  1. X 上の一点集合全体 \{\{x\}:x\in X\}\Theta に属す。
  2. {\mathcal U}{\mathcal V}\Theta に属すとき、その合併 {\mathcal U}\cup{\mathcal V}\Theta に属す。
  3. {\mathcal U}{\mathcal V}\Theta に属すとき、 \{\Delta_\mathcal{V}(V):V\in {\mathcal V}\}\Theta に属す。
  4. {\mathcal V}\Theta に属し、{\mathcal U}{\mathcal V} の細分のとき、 {\mathcal U}\Theta に属す。

この条件を満たす集合族のクラス \Theta が与えられた時 \{\Delta_\mathcal{V}:V\in\Theta\} はあるcoarse構造の基本近縁系となる。

基本事項[編集]

  • coarse空間 X の部分集合 A に対し、ある近縁 Eとある点xが存在して AE(x) に含まれるとき A有界(bounded)であるという(coarse空間から有界集合のなす集合族の性質だけを抜き出したものをbornological spaceという)。
  • coarse空間 X の部分集合 A に対し、ある近縁 Eとある点xが存在して E(A)=X となるとき Acoarse稠密(coarsely dense)であるという。
  • coarse空間 X において、任意の有限集合が有界なときcoarse空間 Xcoarse連結(coarsely connected)であるという。
  • 位相を伴ったcoarse空間 X において、対角線集合の近傍となるような近縁が存在し任意の有界集合が相対コンパクトなとき、coarse空間 Xproperであるという。
  • 位相を伴ったcoarse空間 X がcoarse連結かつproperなとき、有界性と相対コンパクト性は同値になる。

簡単な例[編集]

  • 集合 X に対し、{\mathcal P}(X\times X)包含関係に関して最大のcoarse構造となる(これは X 自身を有界にする唯一のcoarse構造)。同様に {\mathcal P}(\Delta_X) は包含関係に関して最小のcoarse連結となる。
  • 集合 X に対し、\{E\subseteq X\times X:E\setminus \Delta_Xが有限集合\} は包含関係に関して最小のcoarse連結なcoarse構造となる。
  • ハウスドルフ空間 X に対し、\{\Delta_X\cup K\times K:K\subseteq X,Kは相対コンパクト集合\} は有界性と相対コンパクト性が一致するような最小のcoarse構造の基本近傍系となっている。
  • ハウスドルフ空間 X に対し、\{E\subseteq X\times X:Xの全ての相対コンパクト部分集合Kに対し、E(K),E^{-1}(K)が共に相対コンパクト\} は有界性と相対コンパクト性が一致するような最大のcoarse構造となる。
  • 距離空間 (X,d) に対し、X を台集合とするcoarse構造 {\mathcal E}:=\{E\subseteq X\times X:\exist r>0,E\subseteq \Delta_r\} を距離 d に関する有界coarse構造(bounded coarse structure、有界なcoarse空間という意味ではないことに注意) という。

これは、近縁 E に対し ||E||:=sup\{d(x,y)|(x,y)\in E\} と言う記号を定義すると {\mathcal E}:=\{E\subseteq X\times X:||E||<\infty\} と書ける。

  • 距離空間 (X,d) に対し、X を台集合とするcoarse構造 {\mathcal E}:=\{E\subseteq X\times X:{\rm inf}\{||E\setminus (K\times K)||:K\subseteq X,K; コンパクト \}=0\} を距離 d に関する C_0-coarse構造という。

properな距離空間 (X,d) 上の有界coarse構造及び C_0-coarse構造から定義される部分集合の有界性はどちらも距離から定義される有界性と一致する。二つのcoarse構造は漸近的な振る舞いが異なる。

coarse空間の間の写像[編集]

  • 集合 S からcoarse空間 X への二つの写像 f,g:S\to X について、\{(f(a),g(a)):a\in S\}X の近縁になるとき fgcloseであるという。
  • coarse空間 X からcoarse空間 Y への写像 f:X\to Y について、全ての X の近縁 E に対し、

\{(f(a),g(a)):a\in S\}Y の近縁になるとき fbornologous(又はcoarsely uniform)であるという。

  • coarse空間 X からcoarse空間 Y へのbornologous写像 f:X\to Y について、あるbornologous写像 g:Y\to X が存在し g\circ f\rm{id}_X

f\circ g\rm{id}_Y がそれぞれcloseとなるとき fcoarse同値写像(coarsely equivalence)という。 この時、 gf のcoarse逆写像といい、coarse空間 XYcoarse同値(coarsely equivalent)であるという。

  • coarse空間 X からcoarse空間 Y へのbornologous写像 f:X\to Y について、 f(X)Y でcoarse稠密であることと、f がcoarse同値写像であることは同値。
  • 有界なcoarse空間は全て互いにcoarse同値である。
  • {\mathbb R}^n から {\mathbb Z}^n への各成分の整数部分を対応させる写像は有界coarse構造についてcoarse同値写像。

coarse空間の構成[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

参考文献[編集]

  • J. Roe (2003). Lectures on Coarse Geometry. University Lecture Series. Vol. 31. American Mathematical Society. ISBN 9780821833322.