ChemDraw

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ChemDraw
作者 CambridgeSoft
最新版 12.0 / 2009年
プラットフォーム Mac OS X, Microsoft Windows
種別 分子モデリング
ライセンス 商用ソフトウェア
公式サイト CambridgeSoftのChemDraw公式サイト
テンプレートを表示

ChemDrawは、ケモインフォマティクス企業のCambridgeSoftが開発した分子構造式エディタソフトである。ChemDrawは、Chem3D、ChemFinderと共にChemOffice suiteを構成するソフトであり、MacintoshMicrosoft Windowsプラットフォームで利用可能である。

ChemDraw 12.0の主な機能[編集]

  • 化学構造から化合物名への変換
  • 化合物名を化学構造へ変換
  • NMRスペクトルのシミュレーション (1H and 13C)
  • マススペクトルのシミュレーション
  • 化学構造の自動調整
  • 主要な科学誌のためのスタイルテンプレートを含む、様々なテンプレート集
  • SVGファイルでの出力 (Windows Versionのみ)
  • PDFファイルでの出力 (Mac Versionのみ)

ファイルフォーマット[編集]

ChemDrawのネイティブなファイルフォーマットは、CDX形式とCDXML(ChemDraw XML)形式である。

プラグイン[編集]

ChemDraw用のソフトウェア開発キットを利用することで、サードパーティーの開発者がプラグインを作成することが可能である。たとえば、手動でテキストファイルを編集する代わりに、クイックホットキーが対話モードでホットキーセットアップを行う、など[1]

脚注[編集]

  1. ^ CS ChemOffice Software Developer's Kit”. PerkinElmer Informatics. 2011年12月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]