calibre

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Calibre logo.png
Calibre-0.9.0-main-fedora.png
calibreのメインインターフェイス
作者 コビッド・ゴイアル(Kovid Goyal)
初版 2006年10月31日(7年前) (2006-10-31
最新版 1.30.0 - 2014年03月28日(13日前) (2014-03-28[1][±]
プログラミング言語 Python, C (Qt), Coffeescript, Javascript
対応OS Linux, Mac OS X, Windows
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 37言語(全てもしくは一部翻訳含む)
サポート状況 現行
種別 電子書籍管理ユーティリティ(ユーティリティソフトウェア
ライセンス GNU GPL v3
公式サイト calibre-ebook.com
テンプレートを表示

Calibreとはフリー・アンド・オープンソース電子書籍ソフトウェアで電子書籍を保存や管理を行うことができて多数のフォーマットに対応している。またDRMのある電子書籍を他のフォーマットへの変換で数種類の主な電子ブックリーダーと同期出来る。

歴史[編集]

コビッド・ゴイアルはSony PRS-500が発売された2006年10月31日にlibprs500の開発を始めた。主な着想がPRS-500でLinuxを使用できるようにすることだった。ゴイアルはMobileReadフォーラムのサポートを得て[2]、プロプライエタリファイルフォーマットであるLRFをリバースエンジニアリングした。

2008年、calibreに名称変更した[要出典]

機能[編集]

Calibreは全ての商業的に関連のある現行ファイルフォーマットとリーディングデバイスに対応している。ほとんどの電子書籍フォーマットは編集可能で、例としてフォントそのものやフォントサイズを変更したりコンテンツの自動生成テーブルを追加することが出来る。変換や編集は購入した市販品の電子書籍ファイルに施されているDRMを除去した後でしか行えずCalibre単独ではこの除去はできないが無料配布されているプラグインをインストールすれば機能として追加できる[3]

またCalibreはユーザーがメタデータフィールドで電子書籍のソートとグループ分けできるようにすることで個人の電子書籍ライブラリを管理するするのを助ける。メタデータは多くの異なるソース(ISBNdb.com, Google ブックス, Amazon, LibraryThing)から引き出すことが出来る。自身のライブラリから作者、タイトル、キーワードでの検索も可能だが全文検索にはまだ対応していない[4][5]

電子書籍は手動でファイルを追加するか電子ブックリーダーとの同期のいずれかの方法でCalibreのライブラリへのインポートが可能。オンラインコンテントソースも取り込み、変換することで電子書籍にすることができる。この変換はいわゆる「レシピ」と呼ばれるPythonベースのドメイン固有言語で書かれた短いプログラムで行われる。電子書籍はUSBか統合メールサーバーを通して全ての対応リーダーにエクスポートできる。例として電子ブックリーダーであるAmazon Kindleファミリーにパーソナルドキュメントを転送できる。

ライブラリのコンテントはホスティングコンピュータが動いている場合ウェブブラウザを使ってリモートアクセスすることが可能。この場合、コンテントのソースから取り込まれたコンテントをプッシュことは通常の間隔(サブスクリプション)で対応している。もしホスティングコンピュータが常時動いているわけではない場合、ホストされたCalibreのソリューション[6]が助けることが出来る。この場合、ライブラリにアクセス出来ないが、サブスクリプションはスケジュールに基いて電子リーダーにプッシュすることになる。

開発とライセンス[編集]

このアプリケーションはPythonとCで書かれており、フリーオープンソースソフトウェアとしてGNU General Public License v3で公開されている[7]

Calibreによる外部コンテントソースの変換は供給されているE-メールウェブサーバー(HTTP)によるリモートアクセスを使ったRSSフィードリーダープロトコルに対応している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]