Cabos

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cabos
Cabos Logo.png
Screenshot-windows.png
シンプルな操作性で初心者に優しいファイル共有ソフト
作者 heavy_baby
開発元 Cabos プロジェクト
初版 0.1
最新版 0.8.2 / 2010年2月9日
プログラミング言語 REALbasic / Java
対応OS Mac OS 8.6以降[1]
Mac OS X 10.2.8 以降[2]
Mac OS X 10.4.11 以降[3]
Windows 2000 Professional 以降
使用エンジン LimeWire
プラットフォーム PC/AT互換機 / Macintosh
サイズ 約8.5MB
対応言語 28言語
サポート状況 サポートフォーラム
種別 Gnutella サーバント / ファイル共有ソフト
ライセンス GPL
公式サイト Cabos
テンプレートを表示

Cabos(カボス)はGPLで公開されている、Gnutella互換の、日本製のファイル共有ソフトウェアである。

概要[編集]

Cabosの基盤となっているネットワークエンジンはLimeWireである。LimeWireはその開発言語としてJavaが用いられているため、開発当初、Mac OS X環境下では、Javaの性能が発展途上で、グラフィカルユーザインタフェースの動作が緩慢であるという欠点があった。この欠点を補う目的で、Cabosはグラフィカルユーザインタフェース部分にREALbasicを用いて開発された。グラフィカルユーザインタフェースの設計はMac OS X用のGnutellaサーバント・ソフトウェアAcquisition(アキュイジッション)が参考にされている。REALbasicを用いて開発されたため、その後Mac OS版、そしてWindows版へと移植が比較的スムーズに行われた。2010年時点では世界28言語に翻訳されている。 2012年、LimeWireとFrostWireのホストキャッシュサーバー停止を受けてソフトウェアの配布が中止された。

日本国内における違法性を巡る出来事[編集]

  • 2006年7月:LimeWireを利用し、漏洩した個人情報を入手しそれを元に不正アクセス、男性1名を逮捕
  • 2008年11月:LimeWireを利用し、児童ポルノを共有、男性1名を逮捕
  • 2009年11月:Cabos・LimeWireを利用し、児童ポルノを共有、男性10名を逮捕
  • 2009年11月:LimeWireを利用し、猥褻動画を共有、男性1名を逮捕
  • 2009年12月:Cabosを利用し、児童ポルノを共有、男性1名を逮捕
  • 2010年1月:Cabos・LimeWireを利用し、児童ポルノを共有、男性48名を逮捕
  • 2010年2月:Cabosを利用し、音楽ファイルを共有、男性1名を逮捕[4]

ウイルス対策ソフトウェアの扱い[編集]

  • 2007年8月下旬、ウイルス対策ソフトウェアMcAfeeで、Cabosのアプリケーション本体がトロイの木馬として誤認識された。
  • 2007年9月中旬、ウイルス対策ソフトウェアMcAfeeで、Cabosがトロイの木馬としての認識から外された。
  • 2007年12月時点で、ウイルス対策ソフトウェアKaspersky Internet Security 7.0で、CabosがリスクウェアRootShell[5]として認識されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MRJ 2.2.5のインストールが必要。対応している最新版はバージョン0.7.10まで。
  2. ^ Java Runtime Environment 1.4.1の環境で対応している最新版はバージョン0.7.10まで。
  3. ^ Java Runtime Environment 1.5以降のインストールが必要。Universal Binaryには非対応なのでIntel MacではRosetta環境で動作させる必要がある。
  4. ^ 時事通信 (2010年2月25日). “ファイル共有ソフトで音楽公開=著作権法違反容疑、男逮捕-香川県警”. 2010年2月25日閲覧。
  5. ^ CabosはGUI部分とCORE部分にプログラムが分離しており、GUI部分がCabos.exe、CORE部分のjava.exeを起動する為にシェルのcmd.exeが使用される。この構造がRootShellと認識される。

外部リンク[編集]