CUTiE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CUTiE
ジャンル ファッション
読者対象 女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 580円
出版社 宝島社
編集部名 CUTiE編集部
発行人 関川誠高杉純一
創刊人 蓮見清一
編集長 山田都喜子
雑誌名コード 12909
刊行期間 1989年 -
ウェブサイト http://tkj.jp/cutie/

CUTiE』(キューティ)は、宝島社から刊行されている月刊の女性向けファッション雑誌。個性的なファッションを好む10代を中心とした女性を対象に1989年に創刊された[1]。現在では古着原宿系、裏原宿系の女性雑誌として認知されている。

概要[編集]

『CUTiE』は、発刊当初は「宝島の女の子版」という触れ込みで同誌の増刊として年四回発行の季刊ムック誌の形をとっていた。キャッチ・コピーの“for INDEPENDENT GIRLS”をテーマに独立創刊と同時に月刊化[2]。ファッションの流行の最先端を捉えた革新的な誌面に特徴があり、1990年頃まではDCブランド1990年代からはストリートファッションの流れをつくった。当時は日本の音楽系ファッションの細分化の過渡期にあたり、装いの個性を提案する雑誌メディアとして有効に機能した。STREET KIDS COLLECTIONと称して、読者モデルをいち早く取り入れたのもCUTiEである。

『CUTiE』創刊以来、宝島社からは『spring』『Smart』『mini』『sweet』『InRed』などストリート指向の強いファッション誌が刊行されている。月刊化された頃から岡崎京子の漫画が連載され[3]1998年には少女漫画雑誌『CUTiE Comic』が派生した[注 1]

歴代連載漫画[編集]

書籍[編集]

関連書籍[編集]

  • 中川比佐子のメイクブック(1990年、別冊宝島 CUTIE特別編集) - 巻頭特集「金子國義の世界」、山口小夜子の「カジュアルな着物の話」、渡辺サブロオの「光と影の90年代メイク」ほか。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 編集プロダクションシュークリーム」による編集。その後、シュークリームは同じく他社のファッション誌から派生した漫画誌『Zipper comic』の編集に関わった[4]

出典[編集]

  1. ^ CUTiEで紐解く、90年代ストリートファッションのすべて”. treasures. 宝島社 (2014年10月22日). 2014年10月22日閲覧。
  2. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥「CUTiE」表紙初登場で“新しいスタイル”挑戦”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月13日). http://natalie.mu/music/news/136010 2015年1月13日閲覧。 
  3. ^ “ヘルタースケルター効果!? 岡崎京子展に20代キラキラ女子が集結”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年2月3日). http://news.mynavi.jp/news/2015/02/03/590/ 2015年2月3日閲覧。 
  4. ^ Shu-Cream 会社概要”. Shu-Cream. シュークリーム. 2014年2月21日閲覧。
  5. ^ “安野モヨコ「バッファロー5人娘」、蜷川&倖田で映像化”. ナタリー (ナターシャ). (2012年12月7日). http://natalie.mu/comic/news/81202 2012年12月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]