CSK (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社CSK
CSK CORPORATION
CSK青山ビル.jpg
本社(CSK青山ビル)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9737 1982年6月17日 - 2011年9月28日
略称 CSK
本社所在地 日本の旗 日本
107-0062
東京都港区南青山2-26-1 CSK青山ビル
設立 1968年昭和43年)10月7日
業種 情報・通信業
事業内容 システムエンジニアリング
代表者 中西毅(代表取締役社長)
資本金 732億25百万円(2009年3月31日現在)
発行済株式総数 8029万0414株
(2009年3月31日現在)
売上高 単体137億92百万円
連結2060億99百万円
(2009年3月期)
営業利益 連結△1230億66百万円
(2009年3月期)
純利益 単体1521億90百万円
連結△1615億29百万円
(2009年3月期)
純資産 単体130億54百万円
連結252億47百万円
(2009年3月31日現在)
総資産 単独2350億68百万円
連結3639億31百万円
(2009年3月31日現在)
従業員数 単独186名、連結10,756名
(2009年3月31日現在)
決算期 3月
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行 5.76%
日本トラスティ・サービス信託銀行 5.00%
CSKグループ社員持株会 4.65%
(2009年3月31日現在)
主要子会社 主な関係会社の項を参照
関係する人物 大川功(CSK創業者)
湯川英一(株式会社クオカード代表取締役会長、元・株式会社セガ専務執行役員)
外部リンク http://www.csk.com/
特記事項:合併前の会社概要
テンプレートを表示

株式会社CSK(シーエスケイ、英語: CSK CORPORATION)は、日本初の独立系システムエンジニアリング企業であった。東証第1部に上場証券コードは9737番。2011年(平成23年)10月1日住商情報システムに吸収合併された。

概要[編集]

創業者は大川功(おおかわ いさお)。「CSK」とは、創業時の商号であるコンピューターサービス株式会社の英訳表記「Computer Service Kabushiki-Kaisha」の略。本業はコンピュータシステムの開発会社である。

2005年(平成17年)10月ホールディングス体制に移行したこともあり、システム開発・アウトソーシング・金融サービスを軸とした企業体質は安定期に入っていたかに見えた。しかし急激な金融サービス事業、とくに不動産投資事業への資本集中が2008年(平成20年)以降のサブプライムローン破綻、リーマンショックなどの経済環境悪化の影響も受け、グループ全体を窮地に追いやることとなった。

結果的に、グループの不動産証券化事業の不振で111億円にも及ぶ評価損が発生し、その影響から経営を立て直すために、2009年(平成21年)9月30日に、ACA株式会社(旧・アント・コーポレートアドバイザリー)から資本増強を受けるとともに、不動産投資事業のコントロールタワーであったCSKファイナンスなどの金融サービス事業を担う子会社を次々と譲渡・売却、グループから切り離す。同時に、取引銀行4行からの借り入れを、株式化(デット・エクイティ・スワップ)および長期借入債務に借り換えを行うこととなった。

経営陣[編集]

前代表取締役社長である福山義人は慶應義塾大学商学部を1972年(昭和47年)に卒業後、同年コンピューターサービス株式会社(現:株式会社CSK)に入社し、大川の鞄持ちとして仕え、主に人事畑での経験を買われて社長となった。しかしながら、2008年(平成20年)以降の経営不振の責任をとって辞任。後任には、システム運用分野で主に活躍してきた中西毅が就任した。

一方、1970年(昭和45年)に一橋大学経済学部を卒業後、野村総合研究所常務取締役を経て1997年にCSKへ入社しホールディングス代表取締役や情報サービス産業協会 (JISA) 副会長も務めた有賀貞一は、2008年6月19日突然代表取締役を辞し、翌6月20日、三枝匡が社長を務めるミスミグループ本社代表取締役副社長に就任した。

沿革[編集]

  • 1968年(昭和43年)10月7日 - 大阪淀屋橋にコンピューターサービス株式会社設立。
  • 1977年(昭和52年)8月 - 本社を大阪から東京都新宿区へ移転。
  • 1980年(昭和55年)9月 - 株式を店頭銘柄として日本証券業協会(東京地区)に登録。
  • 1982年(昭和57年)6月 - 東京証券取引所第2部に株式上場。
  • 1983年(昭和58年)8月 - NASDAQに株式を登録。
  • 1984年(昭和59年)4月 - 株式会社セガ・エンタープライゼス(現 株式会社セガ)に資本・経営参加。
  • 1985年(昭和60年)3月 - 東京証券取引所第1部に株式上場。
  • 1987年(昭和62年)1月 - 商号を株式会社シーエスケイに変更。
  • 2001年(平成13年)3月 - 創業者・大川功 逝去(享年74)。
  • 2002年(平成14年)5月 - 千葉県印西市に「eサービスデータセンター」を設立。
  • 2003年(平成15年)4月 - 本社中枢機能を含む自社ビルを青山・梅窓院近くに建設。
  • 2004年(平成16年)1月1日 - 商号の登記上の表記を株式会社CSKに変更。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - CSKネットワークシステムズ株式会社を合併。
  • 2004年(平成16年)4月 - コスモ証券株式会社を連結子会社化。
  • 2005年(平成17年)9月 - NASDAQ市場上場廃止。
  • 2005年(平成17年)10月1日 - 純粋持株会社となり、CSKホールディングスに社名変更。システムエンジニアリング事業を株式会社CSKシステムズに分割。
  • 2006年(平成18年)5月 - 大阪大学と「教育情報」の相互交換・共有について協力関係構築を締結。
  • 2006年(平成18年)10月 - 三井住友海上火災保険株式会社「関西データセンター」(兵庫県三田市)を買収。
  • 2007年(平成19年)1月17日 - 地方金融機関による証券事業参入・開始をシステム等からサポートすることを目的としてCSK-RB証券株式会社を設立。
    • 2007年(平成19年)2月9日付け日本経済新聞(朝刊)によれば、2009年(平成21年)の株券電子化を控え、富裕層顧客の流出を防ぎたい地方銀行等のニーズを取り込み、情報サービス事業の収益拡大につなげるのが、会社設立の背景にあるとされている。
  • 2007年(平成19年)5月 - ISAO(イサオ)株式会社を完全子会社化。
  • 2007年(平成19年)6月15日 - CSKグリーンサービス、東京グリーンシステムズ、CSK-ISが中心となった研究開発・障害者雇用を二本柱とした複合研究施設「CSK多摩センター」が多摩市山王に竣工。胡蝶蘭の栽培や独立・公正をうたったシンクタンクの研究棟などを有し、CSKの本体事業以外の「社会貢献」を体現した施設となっている。
  • 2007年(平成19年)7月1日 - CSKシステムズ、CSKネットワークシステムズ、CSKフィールドサービスそれぞれを、より機能集中、各事業分野のコンパクト化による意思決定スピードの短縮化などを狙いとして、CSKシステムズ、CSK-ITマネジメント、CSKシステムズ西日本、CSKシステムズ中部、CSKアドミニストレーションサービス(既存三社のスタッフ機能を受け持つ)それぞれに会社分割・合併した。
  • 2009年(平成21年)9月 - グループ内再編成について、産業再生法の適用を認定。
  • 2010年(平成22年)3月 - CSKシステムズにCSKシステムズ西日本、CSKシステムズ中部を統合合併、地域密着とした当初の事業形態を見直すこととなった。
  • 2010年(平成22年)4月 - 完全子会社であるコスモ証券の全株を岩井証券に売却する。ISAOの事業を豊田通商子会社に事業譲渡。
  • 2010年(平成22年)10月 - 純粋持株会社制を解消。CSK-ITマネジメント、CSKシステムズを吸収合併し、株式会社CSKに商号変更。
  • 2011年(平成23年)2月24日 - 住友商事が株式公開買い付けでCSKを子会社化することを発表。住商情報システム(SCS)が吸収合併して新会社『SCSK』を設立。9月28日付けで上場廃止。住商情報システムが存続会社である。

その他[編集]

  • 本社ビル(CSK青山ビル)は、社団法人ニューオフィス推進協議会主催による「2004年度 第17回日経ニューオフィス賞」を受賞している。
  • かつてはゲーム会社である株式会社セガもグループ傘下であった(1983年(昭和58年)にグループに加入)が、2003年(平成15年)12月サミー株式会社へ売却した。
  • 2012年(平成24年)には本社ビルを横浜みなとみらい中央地区43街区(現在は空き地)に移転するとしていた。しかし、世界的な金融不安の影響を受け、2009年(平成21年)2月13日に建設計画の中止を発表した。

主な関係会社[編集]

連結子会社[編集]

過去のグループ会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初、2011年(平成23年)のGW以降に合併予定だったが震災の影響でシステムや雇用・人事面等の問題で延期となった。

外部リンク[編集]