CMTミュージック・アワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CMTミュージック・アワードCMT Music Awards)は、カントリー・ミュージックミュージック・ビデオおよびテレビ演奏の、ファン投票による賞および授賞式。毎年アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビルで開催され、CMTで生中継される。投票はCMTのウエブサイトであるCMT.comで行なわれる。

歴史[編集]

1967年より、現在廃刊となっている『ミュージック・シティ・ニューズ』誌によるミュージック・シティ・ニューズ・アワード (Music City News Awards ) が年に一度授賞された。1988年より、この年のザ・ナッシュビル・ネットワーク英語版(TNN)の5周年を記念して、ファンの投票によるヴュウワー・チョイス・アワード (Viewers' Choice Awards ) が授賞された。1990年、これらの2つの賞が合併しTNN/ミュージック・シティ・ニューズ・アワード (TNN/Music City News Country Awards )となった。

1999年、TNNがミュージック・シティ・ニューズと結んだ契約が満了し、その直後ミュージック・シティ・ニューズは出版を中止。2000年、『カントリー・ウィークリー英語版』誌がこの授賞式の提供スポンサーとなり、カントリー・ウィークリー・プレゼンツ・ザ・TNN・ミュージック・アワード (Country Weekly presents the TNN Music Awards )となった。2001年、TNNがカントリー・ミュージックへの関わりを徐々に減らしていくことになり、姉妹局のCMTにシフトすることとなった。2001年の授賞式はTNN/CMTカントリー・ウィークリー・ミュージック・アワード(TNN/CMT Country Weekly Music Awards )として両局で放送された。恒久的にCMTに移動するとカントリー・ウィークリーはこの企画から脱却。この頃視聴者は伝統的な賞であるエンターテイメント・オブ・ザ・イヤー(最高賞)、最優秀男性/女性アーティスト賞、最優秀楽曲賞のノミネート者または作品に電話または郵送で投票していた。全ての賞がファン投票であるということ以外、ほとんどの賞がCMAアワードACMアワードと重なっていた。

2002年、当時の局のコンセプトからCMTフレイムワーシー・ビデオ・ミュージック・アワード(CMT Flameworthy Video Music Awards )と名付け、授賞式を一新した。姉妹局であるMTVMTV Video Music Awardsに倣い、授賞そのものよりショーの要素が強まった。この過程において、伝統的な賞ではなく、カントリー・ミュージックのミュージック・ビデオに特化したものとなった。『フレイムワーシー(Flameworthy )』という造語は番組開発副部長Kaye Zusmann により作られた[1]

伝統的な賞にとらわれず、ファニー賞、セクシー賞、愛国賞などが作られたが、数年のうちに徐々になくなっていった[2]アリソン・クラウスアール・スクラグスなどブルーグラスの演奏者を登場させるなどCMAアワードやACMアワードと違う独自の路線を見出した[1]

2003年、授賞式は4月に移動したが、2009年よりCMAミュージック・フェスティバルの前夜祭とし、ファン・フェアの一部として6月に戻し、ナッシュビルへの集客が見込める他、多くのアーティストにとってスケジュール上都合の良いものとなった。

2005年、CMTミュージック・アワード(CMT Music Awards )と名を変えたが、授賞式そのものは前年と同様となった[3]

2009年から2012年までJohn Bohlinger がバンド・リーダーとなり生演奏で行なわれた。

主要な賞の受賞者[編集]

Video of the Year (最高賞) Male Video of the Year Female Video of the Year
2013 キャリー・アンダーウッドBlown Away ブレイク・シェルトンSure Be Cool If You Did ミランダ・ランバートMama's Broken Heart
2012 キャリー・アンダーウッド – Good Girl ルーク・ブライアンI Don't Want This Night to End ミランダ・ランバート – Over You
2011 テイラー・スウィフトMine ブレイク・シェルトン – Who Are You When I'm Not Looking ミランダ・ランバート – The House That Built Me
2010 キャリー・アンダーウッド – Cowboy Casanova キース・アーバン'Til Summer Comes Around ミランダ・ランバート – White Liar
2009 テイラー・スウィフト – Love Story ブラッド・ペイズリーWaitin' on a Woman テイラー・スウィフト – Love Story
2008 テイラー・スウィフト – Our Song トレイス・アドキンスI Got My Game On テイラー・スウィフト – Our Song
2007 キャリー・アンダーウッド – Before He Cheats ケニー・チェズニーYou Save Me キャリー・アンダーウッド – Before He Cheats
2006 キース・アーバン – Better Life ケニー・チェズニー – Who You'd Be Today キャリー・アンダーウッド – Jesus, Take the Wheel
2005 キース・アーバン – Days Go By ケニー・チェズニー – I Go Back グレッチェン・ウィルソンWhen I Think About Cheatin'
2004 トビー・キースAmerican Soldier ケニー・チェズニー – There Goes My Life シャナイア・トゥエインForever and for Always
2003 トビー・キース – Courtesy of the Red, White, & Blue (The Angry American) トビー・キース – Courtesy of the Red, White, & Blue (The Angry American) マルティナ・マクブライドConcrete Angel
2002 ケニー・チェズニー – Young ケニー・チェズニー – Young マルティナ・マクブライド – Blessed

廃止された主な賞[編集]

TNN、ミュージック・シティ・ニューズ、カントリー・ウィークリー時代の伝統的な賞は2001年にCMTに移行してからは廃止され、ミュージック・ビデオに特化した賞に置き換えられた。

Love Your Country Video (2002年)、LOL (Laugh Out Loud) Video (2002年)、Fashion Plate Video (2002年)、Special Achievement (2003年)、Cocky Video (2003年)、Cameo of the Year (2004年)、Comedy Video (2008年)、Tearjerker Video (2008年)、Supporting Character of the Year (2008年)は1年で、The Most Inspiring Video Award (2004年~2005年)は2年で廃止された。

2004年、革新的で先見的なミュージック・ビデオに授与されるジョニー・キャッシュ・ヴィジョナリー・アワードが開始された(2002年のビデオ・ヴィジョナリーに類似)。最初の受賞者はリーバ・マッキンタイアであった[4][5]。2007年廃止。

2006年までHottest Video of the Year が授与された(2003年のみ男女別に授与された)。ミュージック・ビデオの中でアーティスト本人または役者が特にセクシーであった場合に授与された。

2007年、Wide Open Country Video Award (この賞よりCMTピュア・カントリーの番組に『Wide Open Country 』と名付けられた)が、カントリー・ラジオ局で特に流された曲に授与された。最初の受賞者はジャック・イングラムの『Love You 』であった[6]。2009年廃止。

2009年、CMTでの演奏に授与されるCMT Performance of the Year 、新人賞に値するNationwide Is On Your Side awards が開始。Nationwide Is On Your Side awards はコマーシャル放映中に授与されたためテレビには映らなかった。

記録[編集]

全体[編集]

CMTミュージック・アワード史上最も受賞数が多いのは10部門受賞したキャリー・アンダーウッドである[7][8]

部門別[編集]

Video of the Year (最高賞)[編集]

4回受賞したキャリー・アンダーウッドが最多受賞。[7][9]

Male Video of the Year[編集]

5回受賞したケニー・チェズニーが最多受賞。[10]

Female Video of the Year[編集]

4回受賞したミランダ・ランバートが最多受賞。[11]

受賞歴[編集]

2013年[編集]

2013年6月5日、『2013年、CMTミュージック・アワード』がブリヂストン・アリーナで行なわれた。司会はクリスティン・ベルジェイソン・アルディーン[12]

Video of the Year: キャリー・アンダーウッドBlown Away
Duo Video of the Year: フロリダ・ジョージア・ラインCruise
Group Video of the Year: レディ・アンテベラムDowntown
Male Video of the Year: ブレイク・シェルトンSure Be Cool If You Did
Female Video of the Year: ミランダ・ランバートMama's Broken Heart
Collaborative Video of the Year: ジェイソン・アルディーン with ルーク・ブライアン and エリック・チャーチThe Only Way I Know
CMT Performance of the Year: ミランダ・ランバート – Over You from CMT Artists of the Year
Breakthrough Video of the Year: フロリダ・ジョージア・ライン – Cruise
Nationwide Insurance On Your Side Award: ハンター・ヘイズ

2012年[編集]

2012年6月6日、『2012年、CMTミュージック・アワード』がブリヂストン・アリーナで行なわれた。司会はトビー・キースとクリステン・ベル。

Video of the Year: キャリー・アンダーウッド – Good Girl
Duo Video of the Year: トンプソン・スクエアI Got You
Group Video of the Year: レディ・アンテベラム – We Owned the Night
Male Video of the Year: ルーク・ブライアン – I Don't Want This Night to End
Female Video of the Year: ミランダ・ランバート – Over You
Collaborative Video of the Year: ブラッド・ペイズリー with キャリー・アンダーウッド – Remind Me
CMT Performance of the Year: ジェイソン・アルディーン – Tattoos on This Town from CMT Artists of the Year
USA Weekend Breakthrough Video of the Year: スコッティ・マクリリーThe Trouble with Girls

2011年[編集]

2011年6月8日、『2011年、CMTミュージック・アワード』がブリヂストン・アリーナで行なわれた。司会は前年に引き続きキッド・ロックシェリル・クロウと共に『Collide 』を演奏した[13]

Video of the Year: テイラー・スウィフトMine
Duo Video of the Year: シュガーランドStuck Like Glue
Group Video of the Year: レディ・アンテベラム – Hello World
Male Video of the Year: ブレイク・シェルトン – Who Are You When I'm Not Looking
Female Video of the Year: ミランダ・ランバート – The House That Built Me
Collaborative Video of the Year: ジャスティン・ビーバー featuring ラスカル・フラッツThat Should Be Me
CMT Performance of the Year: ジミー・バフェット featuring ザック・ブラウン・バンドMargaritaville from 『CMT Crossroads
USA Weekend Breakthrough Video of the Year: ザ・バンド・ペリーIf I Die Young
Web Video of the Year: ブレイク・シェルトン – Kiss My Country Ass
Video Director of the Year: Trey Fanjoy
Nationwide is On Your Side Award: ザ・バンド・ペリー

2010年[編集]

2010年6月9日、『2010年 CMTミュージック・アワード』がブリヂストン・アリーナで行なわれた。司会はキッド・ロック。この年からトロフィのデザインが変更された。

Video of the Year: キャリー・アンダーウッド – Cowboy Casanova
Duo Video of the Year: ブルックス・アンド・ダンIndian Summer
Group Video of the Year: レディ・アンテベラム – Need You Now
Male Video of the Year: キース・アーバン'Til Summer Comes Around
Female Video of the Year: ミランダ・ランバート – White Liar
Collaborative Video of the Year: ブレイク・シェルトン featuring トレイス・アドキンスHillbilly Bone
CMT Performance of the Year: キャリー・アンダーウッド – Temporary Home from 『CMT Invitation Only
USA Weekend Breakthrough Video of the Year: ルーク・ブライアン – Do I
Video Director of the Year: Shaun Silva
Nationwide is On Your Side Award: クリス・ヤング

2009年[編集]

2009年6月16日、『2009年 CMTミュージック・アワード』がソメイ・センター(現ブリヂストン・アリーナ)で行なわれた。司会はBill Engvall[14]

Video of the Year: テイラー・スウィフト – Love Story
Duo Video of the Year: シュガーランド – All I Want to Do
Male Video of the Year: ブラッド・ペイズリー – Waitin' on a Woman
Wide Open Country Video of the Year: キッド・ロックAll Summer Long
Collaborative Video of the Year: ブラッド・ペイズリー featuring キース・アーバン – Start a Band
Female Video of the Year: テイラー・スウィフト – Love Story
Performance of the Year: アラン・ジャクソン featuring ジョージ・ストレイト, ブラッド・ペイズリー and ディエクス・ベントリーCountry Boy
Video Director of the Year: Trey Fanjoy
USA Weekend Breakthrough Video of the Year: ザック・ブラウン・バンド – Chicken Fried
Group Video of the Year: ラスカル・フラッツ – Every Day

2008年[編集]

2008年4月14日、『2008年 CMTミュージック・アワードがベルモント大学カーブ・イヴェント・センターで行なわれた。司会はビリー・レイ・サイラスマイリー・サイラス。2人は『Ready, Set, Don't Go 』を演奏。[15]

Video of the Year: テイラー・スウィフト – Our Song
Duo Video of the Year: シュガーランドStay
Male Video of the Year: トレイス・アドキンス – I Got My Game On
Wide Open Country Video of the Year: アリソン・クラウス and ロバート・プラントGone, Gone, Gone (Done Moved On)
Collaborative Video of the Year: ボン・ジョヴィ featuring リアン・ライムスTill We Ain't Strangers Anymore
Female Video of the Year: テイラー・スウィフト – Our Song
Performance of the Year: ケリー・ピックラーI Wonder at CMAアワード (ABC)
Comedy Video of the Year: ブラッド・ペイズリー – Online
Tearjerker Video of the Year: ケリー・ピックラー – I Wonder
Supporting Character of the Year: ロドニー・カリントンI Got My Game On
Video Director of the Year: マイケル・サロモン
USA Weekend Breakthrough Video of the Year: ケリー・ピックラー – I Wonder
Group Video of the Year: ラスカル・フラッツ – Take Me There

2007年[編集]

2007年4月16日、『2007年 CMTミュージック・アワード』がベルモント大学のカーブ・イヴェントセンターで行なわれた。司会はジェフ・フォックスワーシー[16]

Video of the Year: キャリー・アンダーウッド – Before He Cheats
Group Video of the Year: ラスカル・フラッツ – What Hurts the Most
Male Video of the Year: ケニー・チェズニーYou Save Me
Wide Open Country Video of the Year: ジャック・イングラムLove You
Johnny Cash Visionary Award: クリス・クリストファーソン
Female Video of the Year: キャリー・アンダーウッド – Before He Cheats
Video Director of the Year: ロマン・ホワイト – キャリー・アンダーウッド – Before He Cheats'
Duo Video of the Year: シュガーランド – Want To
Breakthrough Video of the Year: テイラー・スウィフト – Tim McGraw

2006年[編集]

2006年4月10日、『2006年 CMTミュージック・アワード』がベルモント大学のカーブ・イヴェント・センターで行なわれた。司会はジェフ・フォックスワーシー。[17]

Video of the Year: キース・アーバン – Better Life
Most Inspiring Video of the Year: ブラッド・ペイズリー Featuring ドリー・パートンWhen I Get Where I'm Going
Male Video of the Year: ケニー・チェズニー – Who You'd Be Today
Female Video of the Year: キャリー・アンダーウッド – Jesus, Take the Wheel
Johnny Cash Visionary Award: ハンク・ウィリアムス・ジュニア
Group/Duo Video of the Year: ラスカル・フラッツ – Skin (Sarabeth)
Video Director of the Year: ソフィー・ミュラー – 'フェイス・ヒル Featuring ティム・マクグロウLike We Never Loved at All'
Collaborative Video of the Year: ボン・ジョヴィ Featuring ジェニファー・ネトルズWho Says You Can't Go Home
Hottest Video of the Year: ビリー・カリントン – Must Be Doin' Somethin' Right
Breakthrough Video of the Year: キャリー・アンダーウッド – Jesus, Take the Wheel

2005年[編集]

2005年4月11日、『2005年 CMTミュージック・アワード』がゲイロード・エンターテイメント・センター(現ブリヂストン・アリーナ)で行なわれた。司会はジェフ・フォックスワーシー。[18]

Video of the Year: キース・アーバン – Days Go By
Male Video of the Year: ケニー・チェズニー – I Go Back
Johnny Cash Visionary Award: ロレッタ・リン
Group/Duo Video of the Year: ラスカル・フラッツ – Feels Like Today
Female Video of the Year: グレッチェン・ウイルソンWhen I Think About Cheatin'
Video Director of the Year: :en:リック・シュローダー – ブラッド・ペイズリー Featuring アリソン・クラウス – Whiskey Lullaby'
Collaborative Video of the Year: ブラッド・ペイズリー Featuring アリソン・クラウス – Whiskey Lullaby
Hottest Video of the Year: トビー・キース:en:Whiskey Girl
Most Inspiring Video of the Year: ティム・マクグロウ – Live Like You Were Dying
Breakthrough Video of the Year: グレッチェン・ウイルソン – Redneck Woman

2004年[編集]

2004年4月21日、『2004年 CMTフレイムワーシー・ビデオ・ミュージック・アワード』がゲイロード・エンターテイメント・センター(現ブリヂストン・アリーナ)で行なわれた。司会はドリー・パートン。[19]

Video of the Year: トビー・キース – American Soldier
Male Video of the Year: ケニー・チェズニー – There Goes My Life
Johnny Cash Visionary Award: リーバ・マッキンタイア
Group/Duo Video of the Year: ラスカル・フラッツ – I Melt
Female Video of the Year: シャナイア・トゥエインForever and for Always
Video Director of the Year: マイケル・サロモン – 'トビー・キース and ウィリー・ネルソンBeer for My Horses'
Collaborative Video of the Year: トビー・キース and ウィリー・ネルソン – Beer for My Horses
Hottest Video of the Year: ケニー・チェズニー – No Shoes, No Shirt, No Problems
Cameo of the Year: Celebrity 出演者 – ジェイソン・アレクサンダー, ジェームズ・ベルーシ, リトル・ジミー・ディケンズ, トリスタ・サッター, ウィリアム・シャトナー, ブラッド・ペイズリー
Breakthrough Video of the Year: ディエクス・ベントリー – What Was I Thinkin'

2003年[編集]

2003年4月7日、『2003年 CMTフレイムワーシー・ビデオ・ミュージック・アワード』がゲイロード・エンターテイメント・センター(現ブリヂストン・アリーナ)で行なわれた。司会はトビー・キースとパメラ・アンダーソン[20]

Video of the Year: トビー・キース – Courtesy of the Red, White and Blue (The Angry American)
Male Video of the Year: トビー・キース – Courtesy of the Red, White and Blue (The Angry American)
Special Achievement Award: ジョニー・キャッシュ
Group/Duo Video of the Year: ラスカル・フラッツ – These Days
Female Video of the Year: マルティナ・マクブライドConcrete Angel
Video Director of the Year: Deaton Flanigen – 'マルティナ・マクブライド – Concrete Angel'
Cocky Video of the Year: トビー・キース – Courtesy of the Red, White and Blue (The Angry American)
Concept Video of the Year: シャナイア・トゥエイン – I'm Gonna Getcha Good!
Fashion Plate Video of the Year: ティム・マクグロウ – She's My Kind of Rain
Hottest Female Video of the Year: フェイス・ヒル – When the Lights Go Down
Hottest Male Video of the Year: ティム・マクグロウ – She's My Kind of Rain
Breakthrough Video of the Year: ジョー・ニコルズBrokenheartsville

2002年[編集]

2002年6月12日、『2002年 CMTフレイムワーシー・ビデオ・ミュージック・アワード』がゲイロード・エンターテイメント・センター(現ブリヂストン・アリーナ)で行なわれた。司会はキャシー・ナジミー[21]

Video Visionary Award: ディキシー・チックス
Video of the Year: ケニー・チェズニー – Young
Male Video of the Year: ケニー・チェズニー – Young
Female Video of the Year: マルティナ・マクブライド – Blessed
Group / Duo Video of the Year: ブルックス・アンド・ダン – Only in America
Concept Video of the Year: ブラッド・ペイズリー – I'm Gonna Miss Her (The Fishin' Song)
Breakthrough Video of the Year: クリス・ケイグルI Breathe In, I Breathe Out
Hottest Video of the Year: ティム・マクグロウ – The Cowboy in Me
Fashion Plate Video of the Year: チェリー・ライトJezebel
"LOL" (Laugh Out Loud) Video of the Year: トビー・キース – I Wanna Talk About Me
Love Your Country Video of the Year: アラン・ジャクソン – Where Were You (When the World Stopped Turning)
Video Collaboration of the Year: ウィリー・ネルソン Featuring リー・アン・ウォマックMendocino County Line
Video Director of the Year: マイケル・サロモン – 'トビー・キース – I Wanna Talk About Me'

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Havighurst, Craig (2002年6月12日). “Front-row video”. The Tennessean 
  2. ^ Cooper, Peter (2002年5月15日). “Look for sexy, funny, patriotic at CMT video awards show”. The Tennessean 
  3. ^ Cooper, Peter; Brad Schmitt (2005年4月11日). “You might be a redneck if you prognosticate correctly”. The Tennessean 
  4. ^ Cooper, Peter (2004年4月22日). “'American Soldier' wins top Flame”. The Tennessean 
  5. ^ Keel, Beverly (2007年4月17日). “Kristofferson honored for innovation and vision”. The Tennessean 
  6. ^ Cooper, Peter (2007年4月17日). “Fans crown Underwood star of the night at CMTs”. The Tennessean 
  7. ^ a b Carrie Underwood wins top honor at CMT Awards”. Fox News (2013年6月6日). 2013年6月6日閲覧。
  8. ^ 2013 CMT Awards: Carrie Underwood and Miranda Lambert Reign”. Rolling Stone (2013年6月6日). 2013年6月6日閲覧。
  9. ^ Video of the Year winners”. CMT. 2013年6月6日閲覧。
  10. ^ Male Video of the Year winners”. CMT. 2013年6月6日閲覧。
  11. ^ Female Video of the Year winners”. CMT. 2013年6月6日閲覧。
  12. ^ http://www.cmt.com/news/country-music/1706735/jason-aldean-kristen-bell-co-hosting-2013-cmt-music-awards.jhtml
  13. ^ Taylor Swift takes top honor, Justin Beiber brings crossover appeal”. Washington Post (2011年6月9日). 2011年6月12日閲覧。
  14. ^ CMT Music Awards : Archives : 2009 CMT Music Awards”. Cmt.com (2009年6月17日). 2012年6月7日閲覧。
  15. ^ CMT Music Awards : Archives : 2008 CMT Music Awards”. Cmt.com (2008年4月14日). 2012年6月7日閲覧。
  16. ^ CMT Music Awards : Archives : 2007 CMT Music Awards”. Cmt.com (2007年4月16日). 2012年6月7日閲覧。
  17. ^ CMT Music Awards : Archives : 2006 CMT Music Awards”. Cmt.com (2006年4月10日). 2012年6月7日閲覧。
  18. ^ CMT Music Awards : Archives : 2005 CMT Music Awards”. Cmt.com (2005年4月11日). 2012年6月7日閲覧。
  19. ^ CMT Music Awards : Archives : 2004 CMT Music Awards”. Cmt.com (2004年4月21日). 2012年6月7日閲覧。
  20. ^ CMT Music Awards : Archives : 2003 CMT Music Awards”. Cmt.com (2003年4月7日). 2012年6月7日閲覧。
  21. ^ CMT Music Awards : Archives : 2002 CMT Music Awards”. Cmt.com (2002年6月12日). 2012年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]