CCCII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CCCII中文資訊交換碼、Chinese Character Code of Information Interchange)は、中華民国台湾)の符号化文字集合ISO/IEC 2022準拠の94×94×94コードである。各文字を21212116 - 7E7E7E16で表す、3バイト(3×7ビット)コードである。

1980年行政院文化建設委員会が制定した。最初の収録文字は5139文字だったが、その後、何度も追加・改定がなされ、1999年現在で73400文字が収録されている。(改定が矛盾しているなど混乱があるので、文献によって字数が異なることがある)

212B2116 - 212F7816非漢字331字(部首214字を含む)、21302116 - 21633016常用国字標準字体表4808字、21642116 - 26254316にそれ以外の漢字37615字が収録されている。

CCCIIでは6をまとめて群と呼び(256面を群と呼ぶISO/IEC 10646とは異なる)、先に述べた符号位置は全て第1群(第1 - 第6面、21212116 - 267E7E16)に属する。第1群に収録されている漢字は伝統字である。第2群(第7 - 第12面、27212116 - 2C7E7E16)には、それぞれの伝統字の符号に06000016を足した符号位置に、対応する簡体字が収録されている。さらに第3~第16群に、それ以外の異字体が収録されている。そのため、第1群以外は、ごく一部しか文字が定義されていない。

CCCIIを使った文字符号化方式としては、EUCの1種のEUC-CCCII-FT(CCCII-FT内碼)がある。

台湾の他の文字コードであるBig5CNS 11643互換性は無い。