CAST-256

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CAST-256
一般
設計者 Carlisle Adams, Stafford Tavares, Howard Heys, Michael Wiener
初版発行日 1998
派生元 CAST-128
暗号詳細
鍵長 128, 160, 192, 224, or 256 bits
ブロック長 128 bits
構造 Feistel構造
ラウンド数 48

CAST-256(きゃすと256)とは、1998年、Carlisle Adamsらにより開発された128ビットのブロック暗号である。鍵長は128、160、192、224、256ビットである。CAST6ともいう。CAST-128同様、その構造はFeistel構造である。

CASTの設計手続きはEntrust社が特許を取得している。しかし、CAST-256は、商用か否かを問わず、世界中で利用可能である旨が、RFC 2612の4章に明記されている。

CAST-256は、AES候補の一つであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]