CAST-128

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CAST-128
一般
設計者 Carlisle Adams and Stafford Tavares
初版発行日 1996
後継 CAST-256
暗号詳細
鍵長 40 to 128 bits
ブロック長 64 bits
構造 Feistel構造
ラウンド数 12 or 16
Three rounds of the CAST-128 block cipher

CAST-128(きゃすと128)とは、1996年、Carlisle Adams、Stafford Tavaresらにより開発された64ビットブロック暗号である。鍵長は40ビットから128ビットの間の8の倍数である。CAST5ともいう。構造はFeistel構造である。

GnuPGPGPなどで使われており、OpenSSLでも実装されている。

秘匿通信のために使用するアルゴリズムとしてカナダ政府に認められた。CASTの設計手続きはEntrust社が特許を取得しているが、CAST-128は、商用か否かを問わず、世界中で利用可能である。

128ビットブロックに拡張したCAST-256AES候補の一つであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • RFC 2144 — The CAST-128 Encryption Algorithm