CADPAT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CADPATを使用した装具を着用したカナダ軍兵士

CADPATCanadian A Army/Airforce Disruptive PATtern、キャドパット)は、カナダ軍2002年に採用され、現在まで使用されているデジタル迷彩。

概要[編集]

デジタル迷彩とはドットで構成された迷彩柄であり、現在ではアメリカNATO加盟国、ロシア中国など世界中の軍隊で採用されているが、世界で初めて軍隊に採用されたのがこのCADPATである。

CADPATには、使用する場所によって使い分けられるようにTemperate woodland(森林用)、Arid regions(砂漠用)、Winter/Arctic(寒冷地用)、Urban(市街地用)の4種類が存在している。ドットの構成や配色はコンピューターによって、もっとも効果的な配置にされており、暗視装置に対しても効果を持っている。

カナダ軍では戦闘服、ブーニーハット、戦闘用ヘルメットカバー、タクティカルベストボディアーマーなどにCADPATの迷彩塗装を施しているが、将来的には戦闘靴にも迷彩塗装を施すことを計画している。

関連項目[編集]

脚注[編集]