C.F.ハサウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C.F.ハサウェイ英語: C. F. Hathaway Company)は、1837年アメリカ合衆国メイン州で創業した男性用シャツ製造業者。南北戦争に従軍した北軍兵士の制服シャツを生産した。

オグルヴィ・アンド・メイザー(en:Ogilvy & Mather)が1951年に製作した、眼帯をつけた男の一連の広告が有名である[1]。 広告に出演した男性はコラムニストロシア貴族ジョージ・ランゲル男爵であったが、彼は両眼とも見え視力は"20/20 vision"[* 1]といたってよかった[2]。 広告の作者であるデイヴィッド・オグルヴィは釣りの事故で片目を失ったルイス・ウィリアムズ・ダグラスの写真に発想を得たという[1]

同社は2002年にメイン州の工場を閉鎖し、アメリカでシャツを製造した主要企業の最後のものとなった[3]

脚注[編集]

  1. ^ "20/20 vision"とはイギリスなどの英語圏での視力表示で、20フィートの距離から視力検査表の20番目のランドルト環"c"が識別できることを意味し、目がよいことの例えとして用いられる

出典[編集]

  1. ^ a b One Eyed Flattery”. タイム (1952年6月23日). 2009年5月6日閲覧。
  2. ^ Baron George Wrangell obituary”. タイム (1969年6月20日). 2008年5月6日閲覧。
  3. ^ Hathaway Closes Maine Factory, Last Major U.S. Shirt Plant”. ニューヨーク・タイムズ (2002年10月20日). 2008年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]