Buzztard

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Buzztard
Buzztard-0.3.0.png
開発元 Stefan Kost and others
最新版 0.3.1 / 2008年4月12日
プラットフォーム Linux
種別 トラッカー
ライセンス LGPL
公式サイト http://www.buzztard.org/
テンプレートを表示

Buzztard(バズタード)は、Jeskola Buzz クローンを作成するフリーソフトウェアプロジェクトである。

活動の動機はBuzzによって作曲された演奏方法を保存することである。演奏データは仮想的なサウンドジェネレータやエフェクトを加え、それらを繋ぎ、短い楽節を配置したものをシーケンサによって記録することによって作られる。演奏データを配布するためにサンプル(.ogg.mp3.wav等他のフォーマット)とミックスダウンすることができる。

歴史とロードマップ[編集]

2002年の半ば、主開発者はソフトウェアエラーの結果、Buzzのセッション中に演奏データを紛失した。Buzzのソースは失われやすいと知られていたため、彼らは新しいプロジェクトをスタートすることを決めた。 開発は2003-2004の間に始められた。 最初のバージョンは2006年10月にリリースされた。デモはLAC2007に提示された。 [1]. それ以来、いくつかのリリースが続いている。毎月のニュースレターは進捗(利用可能なメーリングリスト、またはRSSフィード)について知らせる。 現在のリリースはLinuxだけの上で動作する。目標はオリジナルのBuzzトラッカーの機能性を模倣することである。

機能[編集]

ソフトウェアはGStreamerメディアフレームワークに基にしている。 GStreamerの上で作られた唯一のミュージックコンポーザであるので、それは関連する機能のためのテストベッドとして機能する。グラフィカルなエディタはGUIにGtkを使用する。Buzzユーザーは近代化され、しかし酷似しているレイアウトを好きになるだろう。 コンポーネントアーキテクチャは、演奏データがモジュールをインポートすることをサポートする。ネイティブフォーマット以外に、Buzzの演奏データも読み込むことができる。 ラッパーコンポーネントは全てのプラットフォーム上でx86 LinuxとオープンソースのBuzz Machineの元で既に存在しているBuzz Machineのバイナリを動かす事を受け入れる。 GStreamerブリッジプラグインはそれらすべてのgstreamerアプリケーションに利用可能にする。

参照[編集]

  1. ^ Buzztard Music Production Environment - Presentation at Linux Audio Conference 2007

関連項目[編集]

外部リンク[編集]