baserCMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
baserCMS
最新版 3.0.5.1 / 2014年08月5日(55日前) (2014-08-05
種別 CMS
ライセンス MIT License
公式サイト BaserCMS
テンプレートを表示

baserCMS(ベーサーシーエムエス)は、PHPCakePHP)で開発されたコンテンツマネージメントシステム(CMS)。「コーポレートサイトにちょうどいいCMS」をコンセプトに開発がすすめられており、オープンソースとして無償配布されている。

概要[編集]

福岡県のプログラマーであるエガシラリュウジ(現 株式会社キャッチアップ 代表取締役)によって開発され、当初はキャッチアップの自社CMSだったが、2009年12月にオープンソースとしてver.1.5.1が公開された。[1]それ以降も順調にバージョンアップを重ね、2013年12月現在の最新バージョンは3.0.1となっている。 baserCMSをオープンソースにした経緯については、『エガシラ氏が参加している福岡市内のIT系コミュニティーで出会った友人より「オープンソースにしたら?」というアドバイスを受けて考えだした』[2]と言われている。

バージョン2系統[編集]

それまでver.1.7として開発されていたが[3]、バージョン1系統のライセンスと管理画面デザインを大幅に変更し、2012年5月にメジャーバージョンを2と改めたものが公開された[4]。なお、CakePHPのバージョンは1.2系で、前バージョンと同じままであった。

バージョン3系統[編集]

2013年12月に公開された現行バージョンで[5]、CakePHPの現行バージョン(ver.2系統)への対応が行われており、当バージョンの公開により、わざわざ古いバージョンのCakePHPに合わせて開発する必要が無くなった。

バージョン2からバージョン3への移行[編集]

テーマやプラグインについて、GitHubでマイグレード用のプログラム「BcAddonMigrator」が無償配布されており、シンプルなものであればこのBcAddonMigratorで対応が可能である。[6]

特徴[編集]

  • 国産であるため、ソースコードのコメントなどが日本語で書かれており、国内利用者にはカスタマイズがしやすい。また公式フォーラムも日本語で利用できる。
  • コーポレートサイトをメインターゲットとしたCMSであるため、固定ページ管理、問い合せフォーム管理などが使いやすく、ブログ機能も備えている。
  • ブログと問い合せフォームについて、デフォルトで1つのbaserCMS内に複数設置する事が出来る。
  • CakePHPをベースに作られており、命名規則など共通したルールにそって開発されている為、ソースコードの可視性が高く、カスタマイズが容易である。
  • 主にコーポレートサイトで利用されるためか、baserCMSを導入した多くのサイトが独自のデザインで構築されており、テーマの公開数はまだ少ない。

ライセンス[編集]

バージョン1系列は、GNU General Public License v2 で配布されている。バージョン2系列は、MIT Licenseで配布されている。[7]

テンプレート、テーマ[編集]

baserCMSのテーマやテンプレートはPHPで開発され、HTMLCSSに加え簡単な PHPの知識があれば、誰でも制作が可能である。また、baserCMSの独自関数や、CakePHPの関数が利用できる為、それらの知識があれば、より一層自由度の高い開発が可能である。 なお、baserCMSのテーマは、複数のテンプレートファイルから成り立っており、命名規則に従ったフォルダ構造になっている。[8]

第1回baserCMSテーマコンテスト[編集]

2012年10月に開催されたbaserCMSで利用できるテーマを募ったコンテスト。グランプリを獲得したテーマ「nada_icon」は、その後のbaserCMSに標準で搭載されるようになった。[9]

第2回baserCMSテーマコンテスト[編集]

2014年3月に開催された2回目のテーマコンテスト。シングルページレイアウトを採用した「m-single」がグランプリを受賞した。このテーマは、ver.3.0.2から標準でbaserCMSに搭載されるようになった。

プラグイン[編集]

baserCMSではデフォルトで入っていない機能をプラグインを利用することで追加する事が出来る。公式サイトでの配布の他、開発者個人のブログやGitHubなどで公開・配布されている。 プラグインの制作についても、baserCMSの独自関数やCakePHPの関数が利用でき、MVC(モデル・ビュー・コントローラー)を用いて開発される。[10]

べっしー[編集]

「べっしー」by カネウチカズコ

べっしーはbaserCMSの公式マスコットキャラクター。カネウチカズコにより制作され、2013年8月にデビューした。[11]

baserマーケット[編集]

baserマーケット」は、2014年3月31日に公開されたbaserCMS専用のショッピングサイトで、baserCMS上で動作するプラグインやテーマの販売が行われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式サイトのbaserCMSリリースノートで沿革は確認できる。
  2. ^ OREOKA.COM「baserCMSをオープンソースにしてその後」
  3. ^ リリースノートを参照。
  4. ^ 財経新聞(2012年5月1日付)
  5. ^ 開発状況はbaserCMSコア開発(BTS)にて確認できる。
  6. ^ ただし、フックなどをしている場合は、フックの仕組みが異なるため手動での移設が必要となる。
  7. ^ http://basercms.net/about/license
  8. ^ ユーザーマニュアルを参照。
  9. ^ テーマコンテスト結果発表を参照。
  10. ^ 公式サイトのプラグインの開発について参照。
  11. ^ 2013年8月8日baserCMSニュースを参照。

外部リンク[編集]