BMW 003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW 003のカットモデル

BMW 003 は、第二次世界大戦後期にドイツBMW社が開発・生産した、初期の軸流式ターボジェットエンジン

概要[編集]

BMW 003 は、同様のジェットエンジンであるユンカース ユモ 004 よりも早期に着手されたが、小型大出力を狙った事が災いして開発は難航し、余裕ある設計の 004 より実用化が後になった。そのためメッサーシュミット Me262アラド Ar234 、全翼機ホルテン Ho229 ら 003 搭載予定機は、機体の方が先に完成し、已むを得ず 004 を積んで進空した。

結局、003 の搭載機はハインケル He162 と4発化された Ar234 発展型のみで、大戦末期の混乱下で約500基が生産されたが、実際に第一線に送られた物はその内の少数に留まった。

003 の残存機は、004 と同様に戦後ドイツに進駐した米ソ仏軍によって接収・調査され、東西各国に先進的ターボジェット技術を齎した。ソヴィエトではRD-20の名で再生産され、MiG-9のエンジンとして実際に使用されている。

日本へは日独連絡潜水艦でサンプル2基と詳細設計図が運ばれる途中消息を絶ったが、別路帰国した海軍空技廠巖谷英一技術中佐の手で全体図と写真が持ち帰られ、ネ-20 開発の参考にされた。

諸元[編集]

  • タイプ:ターボジェット
  • 長さ:3530 mm
  • 直径:690 mm
  • 乾燥重量:562 kg
  • 圧縮機:軸流式7段
  • タービン:1段
  • 推力:800 kgf (7.8 kN) / 9500 rpm
  • 燃料消費率:14.4 kg/(kN·h)