BMW・K75

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW・K75
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
エンジン 740cc 
内径x行程 / 圧縮比 67mm x 70mm / 10.5:1
最高出力 75HP/8500rpm
最大トルク 68Nm/6750rpm
      詳細情報
製造国 ドイツ連邦共和国
製造期間 1985年-1996年
タイプ
設計統括
デザイン
フレーム
全長x全幅x全高
ホイールベース
最低地上高
シート高 810mm
燃料供給装置 ボッシュ・Lジェトロニック
始動方式
潤滑方式
駆動方式 シャフト・ドライブ
変速機 常時噛合式5段リターン
サスペンション テレスコピック式
モノレバー
キャスター / トレール
ブレーキ 油圧式Wディスク
油圧式ディスク
タイヤサイズ
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 21.0L
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考 1986年K75S
先代
後継 なし
姉妹車 / OEM
同クラスの車 Honda CBR750, Yamaha XJ750D, Suzuki GSX-750S, Kawasaki GPz750
テンプレートを表示

BMW・K75は、1985年から1996年まで生産されたBMW社製のオートバイである。1983年から販売されたK100の4気筒エンジンを、3気筒に置き換えた排気量740ccのオートバイ。

特徴[編集]

  • 水冷縦置き3気筒エンジン
  • ボッシュLジェトロニックによる電子制御燃料噴射方式
  • アルミ燃料タンク
  • オールステンレス・マフラー
  • 触媒による排ガス浄化装置(オプション)
  • リアホイール片側支持によるシャフトドライブ
  • 乾式単板クラッチ

それまで、空冷水平対向2気筒のRシリーズ一本槍できたBMWにとって、新企画のK100につづく水冷縦置きエンジンのKシリーズ第2弾。Kシリーズは、今日も販売されているが、K75の販売終了以降、BMWは3気筒エンジン車を販売することはなかった。

モデル・バリエーション[編集]

  • K75C: ビキニフェアリングをつけたモデル。
  • K75S: 角型ヘッドライトとボディ固定のハーフフェアリングをつけたモデル。より前傾のポジション。
  • K75: ネーキッドモデル。1988年にドイツ軍でも採用(2004年に全て退役)
  • K75RT: ツーリングモデル。大型のフェアリングと、ツーリング向きのポジション。

ギャラリー[編集]