BHPビリトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BHP Billiton Limited & Plc
企業形態 株式会社
LSEBLT
NYSE: BHP
NYSE: BBL
ASXBHP
JSE: BIL
業種 鉱業
事業地域 世界各国
売上高 US$481億9300万 (2010年)[1]
営業利益 US$200億3100万 (2010年)[1]
純利益 US$127億2200万 (2010年)[1]
従業員数 38,267 (2009年)
ウェブサイト www.bhpbilliton.com

BHPビリトン(ビーエイチピー ビリトン、BHP Billiton)は世界最大の鉱業会社である。2001年オーストラリアの会社であるブロークンヒル・プロプライエタリー・カンパニー英語版 (BHP) とイギリスの会社で南アフリカで大規模に操業する会社であるビリトン英語版 (Billiton) が二元上場会社となることにより形成された。

オーストラリアの BHP Limited とイギリスの BHP Billiton Plc はそれぞれオーストラリア証券取引所 (ASX) とロンドン証券取引所 (LSE) では別個に取引され、別々の株主集団をもつが、同一の取締役会と単一の経営構造により単一の事業体として営業する。ニューヨーク証券取引所 (NYSE) では単体の事業体として株式が上場されている(ティッカー:BHP)。オーストラリア側の会社は事業全体のうち約 60% とメルボルンの総本社を保有する一方、ロンドンには副本社がある。

同社は多様な採掘と加工の操業を行う。ダイヤモンド石炭石油ボーキサイトをはじめとして他の金属や鉱産品を取り扱う。従業員の総数は38,000人である。同社の2004年の収益は228億8700万米ドルであった。

買収、提携[編集]

2005年3月、同社は73億米ドルにおよぶ鉱業会社WMCリソーシズの友好的買収提案を発表し、5月末現在株式の 55% を保有してグループ企業とした。

2008年にリオ・ティントに対し敵対的買収を提案したが失敗に終わった。2009年6月にはリオ・ティントとオーストラリア西部における鉄鉱石事業を統合し、合弁事業を設立する計画で合意したが、2010年10月18日に撤回に追い込まれた。いずれも両社が鉄鉱石輸出量で2位と3位を占める巨大企業であり、統合による市場支配力が強まることが予想され、反発を招いたことが理由とされる[2][3]

2010年8月17日にカナダの世界最大肥料メーカー、ポタッシュ・コーポレーション・オブ・サスカチュワン英語版へ敵対的買収を提案したがポタッシュ側より反発を受けている[4]

出典[編集]

関連項目[編集]

BHPビリトンは全世界的な総合鉱業で支配的な3社のひとつである。他の2社は、

参考に、

「BHPスチール」と呼ばれていた製鉄・鉄鋼製品部門は2002年に分離し、経営・資本関係のないブルースコープ・スチール(BlueScope Steel, ASX証券コード:BSL)となった。

内部リンク[編集]

外部リンク[編集]